松岡昌宏★真矢は気のいいおっさん★HISASHIは普通&V系評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★真矢は気のいいおっさん★HISASHIは普通&V系評価」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO・松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」です。「5月19日」の放送では、「ビジュアル系バンド」の「メンバー」と「松岡昌宏」の交流が明かされました。

「先日の放送で、「かっこいいと思ったドラマーはLUNA SEAの真矢さん」だとおっしゃっていましたね」という、「LUNA SEAファン」からの「メッセージ」が届きます。「松岡昌宏」は「言ってましたね」と認め、「最近「LUNA SEAのライブに」行かせてもらってないですね。懐かしいですね〜」と「コメント」します。「TOKIO」の「デビュー」直後、「LUNA SEA」と「ミュージックステーション」「テレビ朝日系」で共演し、彼らが「TRUE BLUE」「1994」を演奏していたのを見て、好きになったのだといいます。




「松岡昌宏」は「すげえ何か、カッコいいなぁ~っつって聞いてたんだな」と振り返りながら、「LUNA SEA」に「“どハマり”」していた時期の「エピソード」を披露しました。「松岡昌宏」は当時、「LUNA SEA」の「PV集」を購入してよく見ていたそうで、「「MOTHER」「1994」とか「ROSIER」「1994」とか 「BELIEVE」「1993」だったかな?あの辺の曲が半端なく好きでね。「ROSIER」は何回歌ったかわかんないな」としみじみしました。

その後、雑誌の対談がきっかけで「LUNA SEA・真矢」と知り合い、「松岡昌宏」行き着けの店に「LUNA SEAメンバー」が訪れたこともあり、「ビジュアル系バンドメンバー」との交流が広がったそうです。「SIAM SHADEっていうバンドもね、ちょうど同じ時期ぐらいに僕らみんな一緒で。「SIAM SHADEの」ドラムの淳士くんとね、僕と、LUNA SEAのJさんとかとね、飯食ったりしましたね」と、意外な交流が語られました。

その後、「松岡昌宏」は「でもなんか面白いんだよね。ビジュアル系バンドの人って2パターンいて。ずっとビジュアル系の人と、全然もう、芸人さんみたいな人と分かれるんだよね」と興味深い分析を披露します。「真矢」のことを「気のいいおっさん」と評し、「LUNA SEA・INORAN、GLAY・HISASHI」や「TAKURO」については、「普通なんだよね。特別「“ビジュアル系”」って感じはしないんだな」と表現します。続けて、「「この人はビジュアル系だなあ」って思うのは「LUNA SEAの」SUGIZOさんだね」と明言しました。




なんでも、「ミュージックステーション」で「LUNA SEA」と共演した際、本番前に出演者同士で話した時にそう感じるのだといい、「松岡昌宏」は「「SUGIZOと」ちょっとお話とかすると「あ、何かやっぱビジュアルの方なんだな!」みたいなね。でも、普段からああいう感じなんだと思うんだよ。取りつくろってる感じもしないよね」と印象を述べていました。

一通り思い出を語り、「ああいういい感じのビジュアル系バンドというものがあって、いろんな音楽ができてった。平成の最初の方はね、ビジュアル系バンドでしたもんね」とまとめた「松岡昌宏」です。同じ「バンド活動」をしている者として、「ビジュアル系バンド」への「リスペクト」が感じられました。

飾らない「松岡昌宏」の前だと「V系」の人達も素の自分で居られるんでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。