長瀬智也★辞める&吐露の噂★ジュリー氏の寵愛失う★解散Xデー迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「長瀬智也★辞める&吐露の噂★ジュリー氏の寵愛失う★解散Xデー迫る」の事をお伝えしたいと思います。

「5月23日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」が、「TOKIO」の「“解散危機”」を報じています。「昨年5月」、強制わいせつ事件を起こした「元メンバー・山口達也」が、「ジャニーズ事務所」を退所して以降、音楽活動休止中の「TOKIO」ですが、一部業界関係者の間からは「解散の現実味が増している」といった声が聞こえてきます。

記事によると、「プライベート」でも「バンド」を組むほど音楽活動を重視してきた「長瀬智也」が、「グループ」の現状に不満を感じているそうです。そのため、「ジャニーズ事務所」に対して「もうTOKIOをやってられない」と訴えているというのです。




「TOKIO」の活動が制限されるようになったきっかけは、「昨年4月、山口達也」が女子高生に対する強制わいせつ容疑で書類送検されたことに尽きます。「山口達也」は「同2月」、自身が司会を務める「Rの法則」「NHK」で知り合った女子高生を自宅に招き、飲酒を勧めたほか、無理やり「キス」をするなどの行為に及んだといいます。

「山口達也」について、「ジャニーズ側」は当初「“無期限謹慎”」を発表しましたが、「同5月6日」には本人の辞意表明による「TOKIO脱退」および「ジャニーズ」との契約解除に至りました。この時点で、一部業界関係者は「TOKIO」の解散を想定したものの、残された「4人」は「グループ活動継続」を決断します。ですが、音楽活動は「“開店休業中”」です。「文春」は「長瀬智也」の発言を「やってられない」という表現にとどめていますが、実際は「辞める」とまで漏らしているとの「ウワサ」も耳にします。

そんな「TOKIO」といえば、「ジャニーズ」の中でも「藤島ジュリー景子副社長」やその「母親・メリー喜多川副社長」の「“お気に入り”」として知られていました。

「長瀬智也」のように事務所に無断で「バンド活動」を行うことは、本来「ジャニーズタレント」としては「“アウト”」な行動です。それでも咎められなかったのは、ひとえに「ジュリー&メリー副社長」の「“寵愛”」を受けていたからと言われています。また、「松岡昌宏」と「長瀬智也」は「メリー副社長」と頻繁に食事をしていた時期もありますし、「松岡昌宏」なんて「ジャニーズタレント」で唯一、「ジュリー副社長」のことを「ジュリーちゃん」と呼ぶほどの仲だそうです。




それだけ「ジャニーズ」内で強固な土台を築いてきた「TOKIO」も、「山口達也」の事件以降、「グループ」としての先が見えなくなっているそうです。

かつては好視聴率を記録していた「ザ!鉄腕!DASH!!」「日本テレビ系」も、番組に欠かせなかった「山口達也」の不在が人気低迷を招くことになります。「メンバー」にはそれぞれ個人の仕事もありますが、「国分太一」が「MC」を務めている情報番組「ビビット」「TBS系」には、「今年4月」に「“打ち切り説”」も浮上しました。以前であれば、「“TOKIO愛”」が強いと言われてきた「ジュリー副社長」の「“物言い”」が入ったでしょうが、「山口達也」の騒動以降目立った動きを見せていないといいます。こうして事務所による特別扱いがなくなり、「メンバー」の「モチベーション」も下げ止まり状態となると、今度こそ本当にいったん「リセット」、つまりに解散に向かっていくのかもしれません。

まずは「ビビット」の行方を見守りたいのですが、打ち切りが正式に発表された場合、「ファン」にも「“覚悟”」が必要となってきそうですね。

「長瀬智也」にとって音楽活動が自身の原点であると思っているようですね。山口達也の復帰説の噂は聞こえてきますが今の時点では難しいようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。