長瀬智也★人間性を疑う&性格に難あり★全否定した女性の行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「長瀬智也★人間性を疑う&性格に難あり★全否定した女性の行動」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が「5月22日」に放送され、「ゲスト」に「俳優・松山ケンイチ」と「早乙女太一」を迎え、恋愛観について熱く語られました。

今回は、一般女性から寄せられた「今さら男子に聞けない女子の悩み」について、二択で答える「コーナー」を放送しました。「デート」で彼氏の服装が微妙だったとき、「彼のためを思って正直に言う」か「傷つけないようにそーっとしておく」かという質問では、「早乙女太一」が「正直に言う」、「松山ケンイチ」が「そーっとしておく」を選択していました。




一方、「松岡昌宏」は同じような経験があるようで「僕、言われたこといっぱいあるんですよね、10代から」と苦笑いします。「個性的な格好が多いでしょ?」と「メンバー」に聞くと、「国分太一」が「そうですね。「“過激なファッション”」していたことありましたね。松岡くんか、志茂田景樹かみたいな」と反応します。「松岡昌宏」も「それか古田新太か、みたいな」と語っており、奇抜な「ファッション」だった自覚があるようです。

さらに「松岡昌宏」は、「今の歳になると言ってもらった方がありがたいんですけど、「昔は」聞かなかったですね。「その格好やめてくれ」って言われても」と、若さゆえに助言を聞き入れなかったと告白します。「国分太一」から「なんで変わったの?」と聞かれると、「やっぱ、恥ずかしいもんは恥ずかしい」と大照れしていた「松岡昌宏」でした。

そのほかの「今さら男子に聞けない女子の悩み」として、彼の「イチオシレストラン」が、すでに行ったことがある店だったとき、「素直に彼に伝える」「彼に気を遣って黙ってる」のどちらがよいのか問われると、「長瀬智也」が熱弁します。自身は「黙ってる」方がいいとした上で、「たとえ自分の前の男性が連れて来た場所であっても、それを言う人間性を疑います。それを言う時点で、性格に難ありじゃないですか?だって、言わなくてもいいわけだもんね」と、「素直に伝える」行為を完全拒否しました。




さらにその後も、結婚前提の彼氏と同棲することになった時、「家賃を負担する」か「彼のプライドを傷つけるので負担しない」か問われると、「長瀬智也」はそもそも結婚前の同棲自体必要ないと主張し、「同棲しなきゃ「人間性や生活観が」わからないくらい迷うんだったら、別れろって感じですね」と一蹴します。続けて「同棲してもそこまで変わらないだろ、って思ってしまう」と吐露すると、「松岡昌宏」が「お前はやっぱ「“ピュア”」だから、騙されててもわからない部分もあるし、わかっても「まあ、いいや」って言えるやつなんだよ」と「長瀬智也」のことを分析し、「俺たちは言えないのよ、ビクビクしてるのよ!」と、「慎重派だからこそ同棲が必要」だと語り、笑いを誘っていました。

この日の放送に視聴者からは、「恋愛観を積極的に暴露していくアイドル!強すぎる!」「長瀬くんのことを「ピュア」って表現するの、松岡くんだけでは「笑」」「長瀬くんの同棲への考え、結構同感できるな。私も同棲は必要ない派」という声が集まっていました。

「長瀬智也」の「ピュア」な性格だからこそ「ファン」も魅力を感じてしまうんですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。