小瀧望★一般男性の人生を変えてしまった★豪語した訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小瀧望★一般男性の人生を変えてしまった★豪語した訳」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「人に役立つミッション」に体当たりで挑む「エージェントWEST!」「朝日放送」です。「5月25日深夜」の放送では、「小瀧望」が「ファッション」に悩む男性を「オシャレ」に大変身させ、人生を変える「“きっかけ”」を作る「コーナー」が放送されました。

「コーナー」が始まると、「小瀧望」は「今までにない展開となっております」と前置きし、「人生を変えるきっかけを作るどころか、人生を変えてしまったんじゃないかなと」と言って「ドヤ顔」です。「メンバー」から「マジ!?」と驚きの声が上がる中、「小瀧望」は自信満々の表情で「VTR」振りを行っていました。




今回の依頼者は、ほぼ自分で服を買わないという「31歳」の男性でした。「持っている服は兄弟や友人からもらったものばかりで、コーディネートの仕方がわからない」と悩みを打ち明けます。そこで「小瀧望」」は、依頼者が身に着けている「アウター」を見て、「じゃあこのアウターは?暖かそうですし、合わせやすそうですし」と依頼者に質問します。すると「これは「“元カノ”」が服屋に勤めてまして」と、予想外の答えが返ってきます。

「小瀧望」は思わず「元カノ?」と、突然飛び出した「キーワード」に鋭く反応します。そして「聞き逃しませんよ!」と食いつき話を聞くと、「元カノ」とは「2~3年前」に別れたそうで、でも連絡はとりあっているのだそうです。「これ、元カノにちょっと未練ありますよね?」と「小瀧望」が核心を突くと、依頼者は困った表情で「ないと言われれば ありますよね」「戻れるなら戻りたい」と本音が聞かれました。

すると「小瀧望」は、今回の「コーディネート」で「オシャレ」に大変身を遂げ、「元カノ」に告白しにいくことを提案します。普段は「コーディネート」だけで終わるこの「コーナー」ですが、今回は「小瀧望」が「“その後”」の展開まで「サポート」することになりました。




古着屋に到着すると、まず「小瀧望」は「カジュアル」な「セットアップコーディネート」を提案します。試着した姿に依頼者もまんざらではない様子で、「小瀧望」も「かわいい!」と絶賛です。その後は、「キレイ」めな「ニットコーディネート、ワイルドファンキー」な「柄物コーディネート」などに次々挑戦し、徐々に「テンション」が上がっていく依頼者でした。最後に、清潔感のある「レトロ柄コーディネート」に身を包むと、「小瀧望」は「いや~もう、勝ちましたね!」と大満足で、この格好で「元カノ」への告白を試みることとなりました。

ですが、「元カノ」には「これからも友達で」とあっさり断られてしまい、復縁失敗となります。とはいえ、すっかり自信がついた依頼者は、後日、「小瀧望」の「コーディネート」で「元カノ」と飲みに行ったと報告がありました。「コーナー」の主旨通り、人生を変える「“きっかけ”」は提供した「小瀧望」なのでした。

誰かの力を借りてでも人生を変えるきっかけを掴むことができれば良い方向に全力で向かっていくだけですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。