堂本光一★事務所スタッフ★いい加減やるべき&ちゃんと教えたれと説教

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本光一★事務所スタッフ★いい加減やるべき&ちゃんと教えたれと説教」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」が「5月27日深夜」に放送され、この日は「堂本光一」が登場しました。

番組冒頭、「中山優馬くんのラジオを聞いていたら、ゲスト予定だったふぉ~ゆ~の辰巳雄大くんが収録に来ないアクシデントがありました。優馬くんが連絡すると「連絡の行き違い」だったらしく、辰巳くんは普通に遊びに行こうとして慌てて駆けつけていました。光一くんは忘れられない遅刻エピソードはありますか?」という「メッセージ」が取り上げられました。




「堂本光一」は「これ話したことあるかな?」と言いつつ、「地方行くとき、飛行機乗るために寝坊しちゃって。マネジャーがだよ?で、「「空港まで」タクシーで行くわ」って言ってタクシーで行って、そしたらもうマネジャーは先に空港で待ってるんだよね。で、ファンの人とかいたりするじゃないですか。そうすると、俺が完全に「“ただ遅刻した”」みたいな雰囲気になるじゃない?」と苦笑いします。「「いや、俺じゃねえし~」みたいな。空港もさ、本名で呼ばれるしさ。恥ずかしいったらありゃしなかったね」と漏らしていました。

また、「辰巳雄大」が遅刻した理由が「連絡の行き違い」だったことに触れ、同じ「ふぉ~ゆ~」の「福田悠太」との「エピソード」を披露しました。「堂本光一」が「スケジュール出た?」と「福田悠太」に確認すると、「いや、全然わかんないんすよね」と返事されたことがあったそうです。「堂本光一」は、これに「ちゃんと教えたれや、スケジュール。あいつら30「歳」超えてんねんぞ?」と、その場にいたと思われる「スタッフ」を説教したそうです。

「堂本光一」いわく、「10代」の頃は「スケジュール」を前日に伝えることが「奔放にならないよう」教育することにつながるとし、「大事なことだと思う」と「コメント」します。一方で、「ふぉ~ゆ~メンバー」は全員が「30代」という立派な「“大人”」であるため、「もういい加減、なんとなくのスケジュールでもビシッと渡してあげるべきなんじゃないかな?」と物申し、「「行き違い」って、これもだから、多分連絡いってなかったんじゃないかな」と「辰巳雄大」を「フォロー」していました。




その後取り上げられた「メッセージ」は、「4歳の息子の将来の夢が「“忍者”」で、「Endless SHOCK」の「ジャパネスク」を見せたら「マネ」していましたが、すぐに失敗して泣いていました。どう練習したら忍者になれますか?」というものでした。「堂本光一」はこれに「俺、忍者ちゃうわ!」と食い気味に「ツッコミ」つつ、「それはもう、「ジャパンアクションエンタープライズ」に入ればすべて教えていただけるんじゃないでしょうか」と、「アクション俳優」や「スタントマン」が所属する芸能事務所を紹介し、現実的な「アドバイス」をしていました。

そして「でも、俺も小学校1~2年生かなあ」と話を切り出し、「テレビでバク転というものを見てしまって。少年隊がバク転してたんだっけ、確か。それで「なんだ!? これはなんだー!」って思って。で、布団を敷いてドッタンバッタン練習しましたね」と、幼き日の思い出を振り返ります。そんな練習の成果もあり、「バク転」ができるようになった「堂本光一」は、「転んで、こうやったら痛いんだっていうのを学ぶから。泣かしておけばいいんじゃない?「痛かったね」って言って」と「堂本光一」なりの「“教育論”」を明かし、「リスナー」に「アドバイス」をしていました。

この日の放送に「リスナー」からは、「小学校2年生でバク転を自力で習得する光一くん、すごい!」「自分でバク転を学んだなんて、もはや忍者!」「布団で練習してできたんだから、やっぱり光一くんってすごいな」という声が集まりました。

温厚な性格の「堂本光一」が「スタッフ」に対する愛情ある説教に「ファン」も驚いたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。