有岡大貴★もしも塾★ファンが叫んでた&マナー最悪★苦言続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「有岡大貴★もしも塾★ファンが叫んでた&マナー最悪★苦言続出」の事をお伝えしたいと思います。

「5月25日・26日」の「2日間」にわたって、「関ジャニ∞・村上信五」が主宰する舞台「もしも塾」が「山口県・萩市民館大ホール」で開催されました。同公演には、「村上信五」だけでなく「Hey!Say!JUMP・有岡大貴、Kis-My-Ft2・千賀健永&二階堂高嗣、ジャニーズWEST・桐山照史、ジャニーズJr.内ユニット・Aぇ! group」の「小島健&佐野晶哉」も参加し、それぞれの「ファン」が観覧に訪れましたが、一部来場者による「“目に余る行為”」が波紋を呼んでいます。

同舞台は「4月」に「東京グローブ座」で初上演され、今回は「キャスト」を一部変えて山口に上陸しました。「村上信五」が出すお題に沿って、ぶっつけ本番の「即興アドリブ劇」を繰り広げました。そんな中、「5月25日」の昼公演では、「有岡大貴ファン」とみられる観覧客が「ステージ」に向けて名前を叫ぶ、話しかけるといった行動を見せたとして、公演後に批判が噴出しています。

発端は即興芝居「3匹の子ブタ」で、「有岡大貴」の配役が「ナレーター」に決定したことだったようです。この役は客席から姿が見えないため、配役が決まった途端「え~!」と残念がる声が聞こえたほか、「ステージ」の上で「ナレーター」を務めるよう「リクエスト」も上がったといいます。こうした声に対し、「村上信五」が「勝手にしゃべるな」と注意する一幕もみられたそうです。




「ネット」上の「ファン」の「レポート」によると、出演者が役準備のため「ステージ」を去り、一人残った「有岡大貴」に向かって「大ちゃん可愛い~!」という声が上がったそうです。「有岡大貴」は「知ってる!」などと反応したそうで、これに続く形で次から次に声をかける人が出てきたようです。「有岡くんが1人になった時、収拾ついてない感じだった」と「レポート」が上がっており、一人二人ではなく数名が言葉を発していたようです。さらには、雑誌「Tarzan」「マガジンハウス、4月18日発売号」の表紙で肉体美を披露した「有岡大貴」に「腹筋見せて」と要望する「ファン」も存在したようです。

こうした掛け声は「“度が過ぎている”」と感じた人も多かったのか、同公演を鑑賞した「Twitterユーザー」の間では「有岡ファンが悪目立ちしてた」「舞台であんなに叫ぶ人見たのは初めて。有岡ファンだけだったと思う」「JUMPファンが有岡くんに必要以上に声をかけるというか、叫んでた」と辛らつな書き込みが上がっています。

また、「Hey!Say!JUMP」といえば、「ファン」の「マナー違反」が改善されないことを理由に、今年は「アリーナコンサート」を開催しないと発表したばかりです。そのため、「舞台に向かって勝手にしゃべり始める人、JUMPファンだった。やっぱりマナー最悪」「JUMPがアリーナツアーをやらない理由がちょっとだけわかった気がする 有岡くんもすっごい顔してた」という指摘も見られます。

とはいえ、「大ちゃんがテンパってた時に、「頑張れ~」と応援する声もあったよ」「JUMPファンが叫んだのはマナー違反って騒がれてるけど、有岡くんはうれしかったと思う」という意見も聞かれました。




また、同公演では別の騒ぎも勃発しました。最前列で制服を着て座っていた女性が写真を持っていたことから、これを目にした「村上信五」が「誰の写真?」と「ツッコ」んだといいます。

「村上信五」に話しかけられたのは制服の「2人組」で、一人が「有岡大貴」表紙の「Tarzan」を膝の上に乗せており、もう一人が「ジャニーズ」の「俳優・浜中文一」の写真を持っていたそうです。「有岡大貴」の表紙雑誌を持っていた方が「Twitter」で「村上くんとしゃべれた」と投稿したこともあり、「ネット」上では「有岡大貴」にしつこく声を掛けた当事者ではないかと疑う声が続出しました。ですが、「最前列の子たちはまったく叫んでない」などと擁護する「コメント」も相次ぐこととなりました。

さまざまな意見が入り乱れることとなった公演ですが、何より「JUMPファンのマナーが悪かったのは事実」との指摘が強く印象に残ってしまいました。「JUMPファン」は、「他グループファン」の意見と真摯に向き合うべき時期にきているでしょう。

「アリーナツアー」が中止になっても「JUNPファン」の「マナー」の悪さは相変わらずのようですね。本当に「JUNPメンバー」の事が大切に思うなら大人の対応をしてほしいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。