五十嵐玲央だけじゃない★危険なJr.★ジャニーズJr.未成年喫煙問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「五十嵐玲央だけじゃない★危険なJr.★ジャニーズJr.未成年喫煙問題」の事をお伝えしたいと思います。

未成年飲酒と喫煙が浮上し、近く「ジャニーズ事務所」を退所することとなった「ジャニーズJr.内ユニット」「7 MEN 侍」の「五十嵐玲央」です。早ければ今月中にも「ジャニーズ事務所」に契約を打ち切られるといいますが、「ユニット」として「デビュー」も期待されている「人気メンバー」の不祥事だけに、関係各所に衝撃が走っているようです。さらに、「7MEN侍」のほかの「メンバー」に関しても、同様の「飲酒・喫煙疑惑」が一部業界内で取り沙汰されているというのですが。

今月中旬、「SNS」など「一部ネット」上に、「五十嵐玲央」の「“飲酒&喫煙疑惑動画”」が拡散されました。「ジャニーズサイド」の事情聴取に対し、動画に映っていたのは自身だと認めたため、契約が解除されるといいます。




未成年の「五十嵐玲央」が、飲酒や喫煙することはもってのほかですが、それ以前に「バー」や居酒屋に出入りすることさえ許されない行為と言えます。現在、「Jr.」の統括は、「ジャニーズ」の関連企業「ジャニーズアイランド」の社長に就任した「滝沢秀明」に委ねられていますが、その「“不祥事第一号”」が「五十嵐玲央」となってしまいました。

昨年末に「タレント活動」を引退した「滝沢秀明」は、「今年1月」に設立された「株式会社ジャニーズアイランド」の代表取締役社長を務め、「Jr.」の発掘や育成、「プロデュース」など裏方に徹しています。

「滝沢秀明」は社長就任以前からも、多数の「Jr.」が出演する舞台「滝沢歌舞伎」等の座長を務めるなど、「所属タレント」の中で最も「Jr.」と深く交流していたようです。「ステージ」上だけでなく、私生活での素行にも気をつけるよう厳しく指導していたようで、未成年の「Jr.」は「アルコール」の出される打ち上げの席には絶対呼ばなかったそうです。たとえその場で「アルコール」を飲まなくても、未成年が酒席にいるということ自体「NG」との考えだったようです。そのかわり、自ら幹事になって出演者全員が参加できる「バーベキュー大会」を行うこともあったといいます。




そんな「滝沢秀明」だけに、「五十嵐玲央」の行動は当然見過ごされるはずもなく、処分が決定したようです。

ですが、「7MEN侍メンバー」の中で夜遊びといった「“問題行動”」を指摘されていたのは、「五十嵐玲央」ではなく別の人物です。彼も未成年でありながら、「バー」の出入りから「飲酒、喫煙」、さらには「女性アイドル」との「合コン」など、不穏な「ウワサ」が流れています。「ルール」を守れない「Jr.」は一定数存在しているようですが、今回の「五十嵐玲央」への厳しい処分を目の当たりにして、考えをあらためてくれることに期待しています。

「滝沢秀明」は「5月26日」に開催された「ジャニーズJr.」の「Snow Man、Travis Japan、なにわ男子」の「3ユニット合同」の「コンサート」の公演前に「マスコミ」の取材に応じ、「8月」に開催されることが決定した「Jr.単独」の「東京ドーム公演」について、「僕たちが見た景色を見てほしい」と、「Jr.」たちに「エール」を送っていました。「五十嵐玲央」にはその資格もなかったようですが、再度このような不祥事が起こらないことを願うばかりですね。

「滝沢秀明」が「Jr.」に目を光らせているとはいえ「四六時中」監視続ける訳にはいかないですよね。私生活まではどうすることもできないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。