伊野尾慧★めざましスタッフを嘲笑★わからないと美術館でドヤ顔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★めざましスタッフを嘲笑★わからないと美術館でドヤ顔」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP・伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」が、「5月30日」に放送されました。

「伊野尾慧」の「コーナー」「いのピク」では、「29日」に発売した「Hey!Say!JUMP」初の「DVDシングル」「愛だけがすべて −What do you want?−」の「ミュージックビデオ」撮影時に撮ったという、「知念侑李」との写真を披露しました。なぜかぐったりとしたように立っている「知念侑李」に、「伊野尾慧」が「粘着クリーナー」のようなものを肩に押し付けている写真でした。




これに「三宅正治アナウンサー」が、「今「スタジオ」めっちゃ盛り上がってたのに、知念くんめっちゃ盛り下がってる!どういうことなの!?」と「ツッコ」むと、「伊野尾慧」は少し考えたあと、「「こちらのDVDシングルも買ってください」という表情です」と、無理やり説明します。これに「スタジオ」が大爆笑する中、「伊野尾慧」は「みなさんぜひ、買って聞いてくださーい!」と呼びかけました。

その後放送された「イノ調」では、今まさに空前の「“美術展ブーム”」ということで、「伊野尾慧」がその舞台裏を調査します。まず、東京国立博物館で行われている特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」に赴いた。美術館は個人の「写真・動画撮影NG」なところが多いのですが、今回の展示で「人気ナンバーワン」だという「帝釈天騎象像」だけは、特別に一般客でも写真撮影ができ、さらに「SNS投稿」することもできるそうです。「伊野尾慧」は「よくOK出ましたね!」と感動しつつ、帝釈天騎象像と自撮り。「写真とSNSがOKということは、若い子たちや今まで興味なかった方々が新たに興味を持って、足を運ぶ機会になりますね」と解説していた。

その後は、「リニューアルオープン」したばかりの東京都現代美術館へ。「伊野尾慧」が学芸員に展示のこだわりを聞くと、「照明」との答えが。年間どれほどの光を当てるか、絵画ごとに細かく管理しているといい、同じ空間ながら、作品の性質を見極めて光を調節しているそうです。また、作品の「“神々しさ”」を演出するために、わざと光を落としている空間もあるそうです。そこで、「伊野尾慧」はその空間でわざと光を強くしてもらい、「全然違いますね!」と驚きます。「照明ってやっぱり大事なんですね。この明かりになっちゃうと視線がばらけるというか、全然印象が違いますね」と感嘆し、照明が戻ると「ああ、いいね。こっちがいいよ、やっぱり」と「“通”」な「コメント」。




続いて、直線と四角だけで描かれた作品を鑑賞した「伊野尾慧」です。なんでも、「東京に関するあること」を表現しているそうで、「伊野尾慧」はこの作品を見てすぐ「電車の路線図ってこと?」といい、学芸員から「そうです!すごいですね~」と褒められます。すると「伊野尾慧」は「やっぱり美術に精通してるからさ。やっぱ見てわかるよね、うん」と「ドヤ顔」で、「スタッフ」に「わからなかった?」と不思議そうな表情で聞くも、彼らの反応は「イマイチ」でした。「1人」が首を縦に振ると、「俺すぐわかったよね」とまた得意気に語っていました。

この放送に「ファン」からは、「伊野尾くん、美術も好きだからいろいろタメになったんだろうな」「若い子に興味を持ってもらいたいって気持ち、すごくステキだね」「伊野尾ちゃんのドヤ顔、かわいいけどちょっとムカつく「笑」」という感想が寄せられていました。

「番組スタッフ」も「伊野尾慧」の性格を知り尽くしているだけに「伊野尾慧」の「ドヤ顔」にも冷静にな対応をしているようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。