二宮和也★ファンの握手に応じる★すごい拒否られた&異常に嫌ってたと告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★ファンの握手に応じる★すごい拒否られた&異常に嫌ってたと告白」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」が、「5月30日」に放送されました。この日の対戦相手は、「俳優・溝端淳平」率いる「新ドラマ」「仮面同窓会」「チーム」です。「嵐チーム」に加わる「プラスワンゲスト」には、「お笑いコンビ・バイきんぐ」の「小峠英二」と、芸人の「狩野英孝」が登場しました。

「溝端淳平」といえば、「ドラマ」「失恋ショコラティエ」「フジテレビ系、2014年」で共演して以降、「松本潤」と「プライベート」でも親交があると「ファン」の間で知られています。「ショットガンディスク」前の「トーク」では、そんな「溝端淳平」が「松本潤」に疑問があると話を切り出します。




なんでも、「電話を僕からかけるときがあるんですけど。その電話に出るのが異常に速いんですよ」とのことで、「松本潤」は電話が繋がった瞬間に応答するのだと暴露しました。「「“プルル”」って鳴る前に出るのが不思議で。「松本は」意外と寂しがりやなので、家でずっと携帯を持ちながら、誰かから連絡くるの待ってるんじゃないかな?」と、「溝端淳平」が疑問をぶつけました。

これに「松本潤」は「なんかね、たまたまなのよ。淳平から連絡もらうとき、携帯触ってること多くて」と、とにかく「タイミング」が合うのだと説明します。これに「溝端淳平」が「本当ですか!? 携帯持ってないですか、家で」と食いつくと、「松本潤」は苦笑しつつ「持ってねえわ!そんな寂しがりやじゃねえわ!」と反論していました。

また、「ラストゲーム」の「ボンバーストライカー」前の「トーク」では、「新ドラマ」「仮面同窓会」にちなんで、「仮面を被りたかったほど恥ずかしかった出来事」をおのおの告白しました。その中で、「二宮和也」は「恥ずかしかったっていうか、同時にちょっと傷つけられてるんじゃないか」と思う経験があったと打ち明けます。




「道歩いてたときに、親子に気づかれるときあるんです」と、街中で「ファン」に気づかれた際の出来事を明かした「二宮和也」は、「どう考えてもお母さんが先に気づいてるんですけど、子どもを使ってね、「“やられる”」ときがある。これは見ててわかる」と、いかにも「“子どもが二宮ファン”」だと装う人がいることを暴露しました。母親に「二宮和也」と握手するよう促された子どもは、「異常に「二宮を」嫌って」いたそうで、「嫌だ!嫌だ!もう帰る!」と叫ばれたのだそうです。「二宮和也」は「すごい拒否られたことがあって。それはね、結構何度もある」と苦い顔をしており、これに「嵐メンバー」は「ある、ある」と共感していました。

この「エピソード」に視聴者からは、「ニノの握手を拒否るとか大物だな!」「街で声かけたらちゃんと握手に応じてくれるんだ」「子どもをダシに使ってるのは本人たちにバレるよねえ」といった声が集まりました。

「二宮和也」本人を前にして「ママ」が直接、握手を求めにいくのも照れくさいでしょうね。子供を出しに使えば気軽に握手に応えてくれると思うようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。