櫻井翔★解散したっていい★妻夫木聡に言われるも★休止選んだ理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「櫻井翔★解散したっていい★妻夫木聡に言われるも★休止選んだ理由」の事をお伝えしたいと思います。

「5月30日」の「櫻井・有吉THE夜会 2時間スペシャル」「TBS系」では、「櫻井翔、妻夫木聡、佐藤隆太」の「“親友”」「3人」による「アポなし旅in九州」を放送しました。その中で「櫻井翔」が、「嵐の活動休止に対する本音」を明かす一幕がありました。

約半年前、同番組で「櫻井翔」と「妻夫木聡」の「“サシ飲み”」企画が行われた際、途中で呼び出された「佐藤隆太」を含めた「3人」で「旅行に行きたい!」と話しており、今回はそれが実現した形です。翌日に福岡で「コンサート」を控えている「櫻井翔」に合わせて九州旅行に決定し、「20時間」の「完全プライベート旅」が実現しました。




空港で巨大な「二宮和也」の「ポスター」を見つけ記念写真を撮ったあと、目的地を大分県に決め、「レンタカー」を借りて移動を始めた一行です。その途中、「妻夫木聡」の祖父母の実家に急きょ立ち寄ったり、「1年」に数回ほどしか運転しない「“超ペーパードライバー”」「櫻井翔」の運転姿が見られるなど「レア」な「シーン」があったかと思えば、「安全強化のシートベルトチェック」で警察に車を止められる、ちょっとした「ハプニング」もありました。それでも、移動中の車内は終始大盛り上がりで、仲の良さをうかがわせました。

そして、目的地の旅館に到着します。温泉に浸かり、部屋で食事をしながら酒を飲み交わしていると、「櫻井翔」が「嵐」の活動休止に言及します。「1月27日」の「午後5時ごろ」、「ファン」に向けて活動休止を発表した直後、「櫻井翔」はまず「親友・妻夫木聡」に「ちょっとお騒がせします」の一文とともに、「嵐」の曲を添付した「メール」を送っていたといいます。まだ事情を知らない「妻夫木聡」からは、そっけない返答がきたそうですが、その後にあらためて「メール」がきたと明かしました。一方で、「佐藤隆太」は会見を見て「「活動休止の発表で」悲しむ人はいるかもしれない。でも俺は「うらやましいな」って。大変だろうけど、常にこうやって「5人で」いられるのって、何かうらやましいな」と、会見を通し改めて「グループ」の絆を感じたようです。

これには「妻夫木聡」も「わかる」と同調し、「だからこそ「“休止”」っていう発表なんでしょ?別に解散したっていいじゃん、また再結成すればいいし。バンドと一緒でね。絆がハッキリあるから「“休止”」って言ってるんでしょ、多分。休止って言い張るのあんまないもんね」と「コメント」しました。「櫻井翔」は「ブッキーの言う通りだね」とうなずいていました。




さらに、「妻夫木聡」から「嵐の休止中には何する?」と質問されると、少し考えて「1人でできることをやるしかないよね」と語った「櫻井翔」。そのため今は「嵐じゃないとできないことって山ほどあって。当然コンサートだってそうだし、歌を歌うことだってそうなんだけど。嵐じゃないとできないことを、来年いっぱいまで、とにかくやり続ける」と、「“嵐としての活動”」に専念したい思いがあるようです。その上で、「自分としてできることは限られちゃうんだけど、自分一人でやれることをゆっくりやって、来たるべき「またみんなで」って時に備えるってことしかない」と、再始動に向けて強い思いを明かしたのでした。

放送後は「ファン」から「翔さん、ありがとう。翔さんがそうやって言ってくれるの、私にとっては何よりの救いだよ」「来るべき「またみんなで」の言葉に鳥肌がたった。翔さんの言葉の、ニュアンス。あなたがくれる言葉を信じてます」「「絆がはっきりとあるから「“休止”」なんでしょ?」っていう妻夫木くんの言葉に涙が出た。メンバー以外にも理解してくれる友人がいるって、すごく安心したなあ」など、「ネット」上には感動の声が多数投稿されていました。

友達だからこそ本音を言い合えることができるんですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。