岸優太★BMX競技★チャリ発言に指摘続出★風間俊介もやめなさい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「岸優太★BMX競技★チャリ発言に指摘続出★風間俊介もやめなさい」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Prince」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「コーナー」「MEDAL RUSH」が放送されました。「5月27~31日」の放送には「岸優太」が登場し、「東京オリンピック」の新種目「BMX」の「フリースタイル」に挑戦しました。

「BMX」とは、競技専用の小径自転車を使って「専用コース」を走り、「ジャンプ」や技の完成度を競う自転車競技の「一つ」です。「プロ」の「BMXライダー・米田大輔選手」の技を目の当たりにした「岸優太」は、「コーナー」が始まって早々「「“チャリ”」であんな飛べんの!?」と、競技用自転車のことを「チャリ」呼ばわりします。その後も、「米田大輔選手」を前に「意外と「“チャリ”」ちっちゃいですね」と発言し、「スタジオ」で「VTR」を見ていた「月曜レギュラー」の「風間俊介」は、「岸くん、「“チャリ”」って言うのやめようか?」「「“チャリ”」って言うのやめなさい!」と注意していました。




その後、基本動作の前輪を上げる「“フロントアップ”」と、後輪を上げる「“リアアップ”」を「マスター」するも、両輪を同時に上げる「“バニーホップ”」がなかなかできずに苦戦します。そこで「岸優太」は「なんか「ジャンプする時の」リズム感ありますか?」と「米田大輔選手」に質問し、「音で覚えるなら「タン タン♪」って感じ」と「アドバイス」をもらうと、なんとすぐに成功しました。以前、「岸優太」は「和太鼓」に挑戦した際も「“リズム”」で動作を覚えており、「BMX」でもこの才能が発揮されたようです。

基本動作ができたところで、両面に「約45度」の傾斜がついている、「“バンクtoバンク”」という台を用いた技に挑戦することになります。勢いをつけて台に上ったあとそのまま下る技や、「75度」の傾斜がついた「バンク」に上り、「ターン」して戻ってくる技に挑戦します。最初こそ「怖え~!」「まじッスか!」と青ざめていた「岸優太」ですが、恐怖心を乗り越え技を「マスター」すると、「できると気持ちいいッスね!」と「ノリノリ」でした。

順調に技を覚える「岸優太」は次に、斜面が湾曲していて、台に上るとき「ジャンプ」が必要な「“RtoR”」に挑戦します。途中、「小学3年生」で「BMX競技」をしている子どもに「僕、怖いんだけどどうしたらいい?」と相談し、「慣れないとダメ」とまっとうな「アドバイス」をもらう場面も見られました。これを受け、「岸優太」は繰り返し練習することで、見事な「ジャンプ」を習得していました。




そして最終日は、最大の難関である高さ「180cm」もある「バンク」に上ることが課題になりました。ですが、選手は「「バンクから落ちる人が」結構いるんですよ。上りきれなくてドカーンって」と言われ、「まじッスか!」「ガチか~」と、顔を強張らせる「岸優太」。それもそのはず、初心者だとこの「バンク」に乗るまで「1カ月」は練習が必要だといいます。ですが、「岸優太」はこれをまさかの「1発クリア」して見せ、「スタジオ」からも「おお~!」という歓声が上がりました。「すごい!これホントにすごい!」と「米田大輔選手」からもお墨付きをもらっていたのでした。

最後は、今まで習得した技を使い、「1分間」の「BMXフリースタイル」を披露した「岸優太」です。すっかり「BMX」の魅力に「ハマ」ったようで「ちょっと続けていきたいですね」と意欲を見せるも、最後まで「この「“チャリ”」を買わなきゃいけないですけど」と、競技用自転車のことを「“チャリ”」と言い続けていたのでした。

「風間俊介」から指摘された「チャリ」発言ですが、一般視聴者からも「「“チャリ”」はバカにしてるでしょ?」「この子、言葉使い悪いね」「スタッフも教えてあげればいいのに」と「ツッコミ」が入っており、気になってしまった人が多かったようです。朝の情報番組ということもあり、幅広い視聴者が見ていることを意識した方がよさそうですね。

未経験なこともあり競技自転車の事を「チャリ」呼ばわりする「岸優太」らしい、いつもの「天然ボケ」が炸裂してしまったようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。