嵐★J Stormレーベルなのに&ジャニーズ・エンタテイメント合併★関係に困惑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「嵐★嵐のレーベルなのに&合併★ジャニーズ・エンタテイメント&J Storm関係に困惑」の事をお伝えしたいと思います。

「少年隊、KinKi Kids、NEWS、中山優馬、ジャニーズWEST」が所属する「レコード会社」「株式会社ジャニーズ・エンタテイメント」が、「5月31日」をもって事業を終了することが一部で報じられ、「ジャニーズファン」に衝撃が走っています。直近では「6月12日」に「NEWS」の「ニューシングル」「トップガン/Love Story」の「リリース」を控えている最中、「嵐」らが在籍する「株式会社ジェイ・ストーム」「J Storm」が「JEレーベル」の名称を譲り受け、「6月1日」に「ジャニーズ エンタテイメント」「レーベル」を発足させるといいます。「ジャニーズ・エンタテイメント」の生まれ変わりは、「ジャニーズ」の歴史において大きな一歩となりそうです。

「ジャニーズ・エンタテイメント」は「1997年2月」に設立され、かつて「近藤真彦」の「担当ディレクター」だった「小杉理宇造氏」が代表取締役を務める会社でした。文藝春秋が運営する「ニュースサイト」「文春オンライン」の記事によれば、「同社スタッフ」の多くが「J Storm」に移り、新たに誕生する「レベール」「ジャニーズ エンタテイメント」の事業を展開していく予定だといいます。「トップ」も「小杉理宇造氏」から別の人物に引き継がれるようで、「5月下旬」にこの案内が「各メディア」に届くと業界が騒然となったようです。




「31日時点」で「ジャニーズ・エンタテイメント、J Storm」の「両サイト」とも今回の一件に関するお知らせは掲載しておらず、「ファン」への発表には至っていません。それだけに、「JE「ジャニーズ・エンタテイメント」がなくなってJストもなくなって、新しくJEに生まれ変わるってこと?」「JEの件、突然すぎてビックリ。今後はJEとJストが吸収合併して新しいレーベルになるっていう解釈でいいの?」と、「ファン」からは困惑の声が続出しています。

「ジャニーズ・エンタテイメント」は「KinKi Kids」の「CDデビュー」を見据えて生まれた背景がある一方、「J Storm」は「ジャニーズ事務所・ジャニー喜多川社長」の姪である「藤島ジュリー景子氏」が「2001年」に「嵐」の「プライベートレーベル」として立ち上げた会社です。その「嵐」は、「2020年」をもって「グループ活動」を休止することから、「ネット」上では「嵐の活休でJストの利益が減るから吸収したのかな」「嵐の活休で社名にストーム「嵐」が使えないとか?」といった指摘が上がり、さらには「嵐休止のタイミングだからこそ、Jストがなくなるなんて寂しすぎる」「嵐が育ててきたレーベルなのに、Jストの名前がなくなるのは嫌だな」と、惜しむ声も聞こえてきます。現時点では、今後の「J Storm」と「ジャニーズ・エンタテイメント」の関係は不明ながら、愛着を持っていた人々には衝撃的な報道だったのでしょう。

「藤島ジュリー景子氏」の肝煎りで立ち上がった「J Storm」ですが、「嵐」だけでなく「2006年」には「KAT-TUN」の「プライベートレーベル・J-One Records」が発足しています。「2007年デビュー」の「Hey!Say!JUMP」が所属しているほか、「2008年」には「ユニバーサルミュージック」より「TOKIO」が移籍し、「J Storm」の仲間入りを果たしました。そして、「関ジャニ∞」は「デビュー」からお世話になった「テイチクエンタテイメント」と「10年間」にわたる契約期間を終え、「2014年」に「J Storm」内に「自主レーベル・INFINITY RECORDS」を設立しました。いずれも「藤島ジュリー景子氏」が「マネジメント」を手がける「グループ」で、「J Storm」の「アーティスト」は「“ジュリー色”」が強い印象です。




一方、「J Storm」や「ジャニーズ・エンタテイメント」以外では、「V6」と「Kis-My-Ft2」が「エイベックス」、「Sexy Zone」と「A.B.C-Z」は「ポニーキャニオン」に在籍しています。「昨年5月、King&Prince」は「ジャニーズ事務所」と「ユニバーサル ミュージック」の「新レーベル・Johnnys’Universe」「ジャニーズ ユニバース」の「第1弾アーティスト」として「デビュー」しました。また、昨年は「山下智久」が「ワーナーミュージック・ジャパン」を経て「ソニー・ミュージックレーベルズ」内の「SME Records」に移り、歌手活動を本格的に再開しています。

新たな「ジャニーズ エンタテイメント」がどういった方針で運営していくのか全貌は明らかになっていませんが、「ファン」の多くは「2つのレーベルがうまく融合できるといいな」「KinKi Kidsが今よりももっと音楽に力を入れてくれるレーベルになりますように」と、さらなる発展を願っています。これからも「所属アーティスト」の音楽活動が円滑に進むことを期待したいですね。

今回の合併が発展を目的とした動きであってほしいと「ファン」は願うばかりですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。