堂本光一★インスタって何のため★さだまさしのおじ映え写真をバッサリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「堂本光一★インスタって何のため★さだまさしのおじ映え写真をバッサリ」の事をお伝えしたいと思います。

「6月1日」に放送された「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」に、「さだまさし」が「ゲスト出演」しました。

「ゲストがやりたいことをやる」というのが「コンセプト」の同番組です。今回「さだまさし」は、「インスタ用の「“おじ映え”」写真を撮りたい!」と「リクエスト」しました。「インスタグラム」などに投稿した写真が鮮やかで際立っている時に「 “インスタ映え”」という言葉を使いますいますが、「“おじ映え”」とは「さだまさし」いわく、「おじさんだからこそ撮れる、渋くて哀愁ただよう雰囲気のある写真」とのことでした。そんな写真を撮影するべく、下町情緒あふれる「東京・谷中」で「ロケ」が行われました。




番組冒頭、「堂本光一」は「谷中」のことを「たになか?」と発言します。即座に「堂本剛」が「「“やなか”」です。谷中の人、全員でしばいていいですか?」と「堂本光一」の読み間違いを訂正しました。「KinKi Kids」の「“小ボケ”」のあと、「さだまさし」が登場して「今、カメラに大変凝ってましてね」と告白します。総額にして「500〜600万円」ほど「カメラ」を所持し、その「カメラ」で「インスタグラム」に掲載する写真を撮りたいと語ります。すると、「堂本光一」が「インスタって、何のためにあるものなんですか?」と、「インスタグラム」の使用意図について質問します。「さだまさし」は「要するに、あの〜 所在確認。生存確認」と、「“生きている”」ことを確認するための「ツール」だと説明していました。

そんな「“おじ映え写真”」の指南役として、「インスタグラム」で「レトロ」な写真を投稿し人気を集めている、「お笑いコンビ・イワイガワ」の「岩井ジョニ男」が登場しました。「岩井ジョニ男」の案内で一行が向かったのは、「初音小路」と呼ばれる雰囲気のある横丁です。

到着してすぐ、「さだまさし」は横丁にある老舗「せんべい店」で買い物をし始め、「堂本剛」は「テレビカメラ」から遠く離れたところで写真を撮影します。「堂本光一」も「デジカメ」を無言で確認しており、自由奔放な行動をする「3人」に、「岩井ジョニ男」は「みんなバラバラなことやってますけど」「これテレビですよね?」と「ツッコミ」ます。その後は、幕末の頃に築かれた塀「築地塀」や、谷中の「シンボル」と呼ばれる「樹齢90年」の「ヒマラヤスギ」といった「スポット」に立ち寄り、谷中の街をゆったりと歩きつつ、各々が個性的な写真を撮っていました。




「ロケ」を終え、それぞれの「“おじ映え”」「ベストショット」を披露する中、「堂本光一」の「ベストショット」は「「“ドロボウ”」という看板の横にたたずむ岩井ジョニ男の写真」、「堂本剛」は「大小さまざまなパイプが並んでいる横で、さだまさし」がポーズをとる写真」を「チョイス」します。これを見た「さだまさし」が「パイプっていうのは、いろんなところに人生を繋げていくもんだね」としみじみと語ると、「堂本光一」も「インスタも「“繋がり”」なのであれば」と呼応しました。「心のパイプ〜インスタ〜」という名言を「さだまさし」が残し、美しく番組を締めたのでした。

番組で撮影した写真は、「さだまさし」の「インスタグラム」で見ることができ、「いいね」や「コメント」など多数の反応があったようです。「さだまさしさんの回、ほっこりする雰囲気で良かったですね~」「さだまさしさんとキンキの3人の雰囲気、すっごくいい!何あのホンワカした不思議な雰囲気〜」「お散歩しながら写真を撮るだけで、こんなに楽しい番組になるなんて!」など、ゆるい雰囲気に癒やされた「ファン」が多かったようです。

大先輩「さだまさし」の大人の魅力を感じて「kinki」の「2人」にも「ホンワカ」な時間が流れたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。