大野智★大野丸で海ロケ★バカヤロウ&スタッフの対応★不満炸裂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大野智★大野丸で海ロケ★バカヤロウ&スタッフの対応★不満炸裂」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「嵐にしやがれ」「日本テレビ系」が、「6月1日」に放送されました。この日は、「大野智」が自身の名前をつけた船「大野丸」で日本全国の海をめぐり、操船の技術を磨くとともに、各地の海の魅力を発信する企画「進め!大野丸」に、「ファン」の注目が集まっていました。

今回の旅の目的は、淡路島と徳島県の間にある鳴門海峡で発生する「鳴門のうずしお」を見ることでした。「ゲスト」には、この「コーナー」のために「小型船舶二級免許」を取得したという「俳優・加藤諒」と、「歌手・青山テルマ」が登場しました。




「ハイテンション」な「ゲスト2人」に引き気味の「大野智」でしたが、船を走らせて「30分」、淡路島に到着すると「行こうぜ!イエーイ!」と「テンション」が急上昇します。そんな「大野智」は完璧に「“着岸”」をこなし得意顔を浮かべるも、「加藤諒」と「青山テルマ」は雑談に夢中です。そのため、すぐに「誰も見てねえし。「カメラも」撮ってねえし!」といじけてしまうのでした。

気を取り直して、淡路島の「観光スポット」「うずの丘 大鳴門橋記念館」に足を運ぶと、その中で「“インスタ映え”」するという、貸し出し用の「玉ねぎカツラ」を発見します。「3人」そろってそれを被り、玉ねぎ型の「大型イス」で仲良く記念撮影していました。その後、玉ねぎが取れる「UFOキャッチャー」に挑戦したり、「生玉ねぎ早食い競争」に参加したりと、淡路島を満喫する一行でした。

そしていよいよ「“うずしお”」を目指し、船で再出航したのですが、途中で「トラフグ」の養殖場を見つけ、「3人」は目を輝かせます。取れたてのふぐと、「2日」寝かせたふぐの身を両方味わわせてもらうことになり、「大野智」は取れたてのふぐを食べ「強烈~!」と一言。また、「2日」寝かせたふぐも「うめえな、これも。甘いな」と絶賛し、「どっちも好きだな」としみじみします。「うずしお「行かなくて」いっか」とつぶやくほど、満足したようです。




とはいえ、番組的にうずしおに行かないわけにもいかず、大野丸で鳴門海峡に近づくと、大量のうずしおが発生中でした。「大野智」が巧みな運転でうずしおの上を通過し、「加藤諒」と「青山テルマ」は「ギャー!」と大騒ぎする一方、「大野智」は舵を取られないよう運転に必死で、うずしおは見られずでした。「全然見えねえよ、バカヤロウ!」と愚痴をこぼしていたものの、最後には「2人」から「船長かっこよかった!」と褒められ、満足そうな表情を浮かべていた「大野智」でした。

この日の放送に視聴者からは、「あのうずしおの上を運転できるとかさすがだわ!」「かわいい大野さん、男前な大野さん、哀愁漂う大野さん、どれを切り取っても映える!」「最終的に「かっこいい!」で許しちゃう大野さんが大野さんだった「笑」」という声が集まりました。

船の操縦ができる「大野智」の新たな魅力に「ファン」も大満足のようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。