木村拓哉★教場★ドラマ主演★見る気しない&事務所のゴリ押し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「木村拓哉★教場★ドラマ主演★見る気しない&事務所のゴリ押し」の事をお伝えしたいと思います。

「フジテレビ開局60周年記念作品」として、「スペシャルドラマ」「教場」が「2020年新春、2夜連続」で放送されることがわかりました。主演は「木村拓哉」に決定していますが、つい先日、「今年10月スタート」の「TBS系」「日曜劇場」「ドラマ」「タイトル未定」で主人公を演じると発表されたばかりです。これらの情報が立て続けに解禁されたため、「ネット」上では「また主役?」「どこにキムタクの需要があるの?」と疑問の声が噴出しています。

「教場」は、「長岡弘樹」の同名小説が原作の「ミステリー」です。警察学校を舞台に、生徒たちが巻き起こすさまざまな事件を「“冷酷なカリスマ教官”」が暴いていくという話で、「木村拓哉」は警察学校の「教官・風間公親」を演じます。「風間公親」は「“冷酷で謎めいた人物”」という設定なので、これまで「木村拓哉」が数多く演じてきた、「“ヒーロー”」や「“スター”」といった「イメージ」の役とは、また違った「タイプ」になりそうです。




「風間公親」を演じるにあたり、「木村拓哉」は「おそらく見たことのない、味わったことのない作品になると思うので驚く方が多いのではないかと思います」と「コメント」を寄せていますが、「ネット」上では「本人は頑張ってるつもりでも、見てる方は全部「木村拓哉のドラマ」なんだよなあ」「いや、絶対今回も見たことあるキムタクが出てくるだけだと思う」「作品が斬新でも、主演がキムタクだと全部同じ」と、厳しい声が続出しています。

「1990年代後半~2000年代前半、木村拓哉」が主演を務めた「ドラマ」は軒並み「大ヒット」していたものの、最近では「いかにも「“キムタク”」っていう演技がサムい」「何をやってもキムタクだから見る気しない」と、人気絶頂だった頃の芝居から脱却できず、苦戦している印象です。また、演技力にも疑問を抱く「ネットユーザー」は多く、「演技ヘタなのにどうして主演ばっかり続くのか不思議」「キムタクに冷酷な人物なんて演じられるの?」と指摘されています。

また、各局で放送された「開局記念スペシャルドラマ」で、「ジャニーズアイドル」の主演が続いていることについて、「またジャニーズかよ」「ちゃんと俳優使え!」と批判も聞こえてきます。




「今年3月28日、フジテレビ開局60周年特別ドラマ」として放送された「砂の器」は、「少年隊・東山紀之」が主演を務めたほか、「Sexy Zone・中島健人」も「メインキャスト」で出演しました。さらに、「5月22~26日」に「5夜連続」で放送された「テレビ朝日開局60周年作品」「白い巨塔」は、「V6・岡田准一」が主演でした。いずれも、「演技がヘタすぎる」「ジャニーズの大根演技なんとかして!」と酷評されていただけに、「木村拓哉」の主演抜てきも「事務所のゴリ押し」と感じる人が多いようです。

とはいえ「木村拓哉」は、昨年公開された映画「検察側の罪人」での泥臭い演技が好評を得ており、「木村拓哉の新境地」「キムタクにこの役を当てたのは大正解」などとも言われていました。今回の「教場」でも、「“かっこいい”」だけではない「木村拓哉」の姿を見せてほしいものですね。

人気絶頂期の「木村拓哉」の主役色がどうしても視聴者には抜けきれないようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。