二宮和也★男は化粧する女が好き説★最終的には塩なのよ★持論を展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★男は化粧する女が好き説★最終的には塩なのよ★持論を展開」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「bayFM」が、「6月2日」に放送されました。




この日もさまざまな話題が取り上げられましたが、中でも「ファン」の注目を集めたのは、「テレビで女の子の「“すっぴん”」が好きという男性がいますが、すっぴんの女性と化粧をしている人がいたら、化粧してる方がきれいだと思うはずです」という「リスナー」からの率直な意見でした。

これに対し「二宮和也」は、「そんな、ねえ」と困りつつ、「スタッフ」に「どうですか?」と問いかけます。すると「スタッフ」は「僕は、圧倒的にすっぴん派です」と断言し、「ほかの人にはあんまり見せてないから」と答えていました。「二宮和也」は「あ~、そうか~」と納得したようで、「すっぴんが好きになっていくんだよ。最終的にさ、寿司も塩で食うと。シンプルになっていくんだよ」と食べ物にたとえつつ、「おじさんは、イタリアンとか食べれないんだよ。焼肉食えないから。だんだん、シンプルになっていくんじゃないの?」と解説していました。

とはいえ「二宮和也」は「俺は別にどっちでもないな。化粧するセンスじゃん?」と言い、「自分がかわいいと思われたいのか、はやりに乗っているのか。逆に俺がはやりに刺さらなかったら、それやられても「え?」ってなるもん」と、流行の「メイク」が必ずしも自分に合うわけではない、とでも言いたげです。さらに、「客室乗務員って暗がりでも見えるように「メイクを」濃くしてるって」と豆知識を披露し、「そういうのはさ、「“適材適所”」じゃん。客室乗務員に憧れてるからって、学校でやったら「それどうしたの?」ってなるじゃん」と「TPO」に合わせることも大事だとしました。




また、「お化粧する人のセンスよね。センスは重要だよね」と、自分に合った「メイク」ができるかどうかが重要だと「二宮和也」。そして最後には「でも」と考えつつ、「最終的にはね、「“塩”」なのよ、ホント。そこなのよ、そこが好きな人もいるわけよ」と、「リスナー」からの問いかけに答えていました。

「ネット」上では、放送を聞いていた「ファン」から「要するに、ニノは「“ナチュラルメイク派”」ってこと?」「ニノが思ってるすっぴんと、本当のすっぴんって多分違う気がする「笑」」「常にドすっぴんな女だけど、ニノが「“すっぴん肯定派”」だったから、明日から胸張って生きていくわ!」という声が集まっていました。

「二宮和也」のすっぴんに対する例えかたに多くの「ファン」が自信を持って過ごしていけそうですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。