村上信五★年収10億円説★マツコ・デラックスが訂正★謝罪事態に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★年収10億円説★マツコ・デラックスが訂正★謝罪事態に」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・村上信五」が司会を務める「バラエティ番組」「月曜から夜ふかし」「日本テレビ系、6月3日深夜放送」にて、「マツコ・デラックス」と「“年収”」について論争する場面がありました。




「街ゆく人の仕事を調査した件」という「コーナー」にて、「クレジットカード」の「不正防止システム」の開発をしているという一般男性が登場しました。「番組スタッフ」が「どういう仕組みで「“怪しいな”」と思うんですか?」と質問すると、男性は「普段2,000〜3,000円しか使わない人が、いきなり5万円使ったりとか」と返答します。さらに、「名前を言えば誰でも知っているような「会社の」社長が、1日に2,000万円使ったんですね。それって普通、異常じゃないですか。で、「異常」としたら、「俺の取引をなんで止めやがったんだ!」ってことで、怒鳴り込んできたことがありました」などと、「リアル」な「エピソード」を披露していました。

これを聞いた「スタッフ」は、男性に「例えば村上さんは、いくら使ったら止めるんですか?」と質問します。男性は少し考えた末、「「“村上さんクラス”」だったら 3,000万くらいOKなんじゃないかな?」と答えたため、「スタジオ」で「VTR」を見ていた「村上信五」は「ちょっと、やめて!」と、焦った様子で「ツッコミ」ました。

このやりとりを受け、「マツコ・デラックス」は「いろんな事情を知ってる方に、「3,000万円までOK」って」と言葉を失ってしまいます。実は「マツコ・デラックス」、同番組で何度も「村上信五」の「“年収10億説”」を推しており、「ごめん、こんなに浸透すると思ってなかった」と謝罪します。「いよいよマジやんか!」と困り顔の「村上信五」は、「月曜から夜ふかし」と「マツコ・デラックス」の影響力に「タジタジ」でした。




ここで「マツコ・デラックス」が「10億はないからね?」と、観覧席の客を前に情報を訂正するも、反応は「イマイチ」です。それを見て、「ほら、信じてないもん。みんな、もう!」と「マツコ・デラックス」は爆笑で、「頑張って10億稼ぐしかない!」と「村上信五」を激励します。「村上信五」は「せやな」と返事をするも、「マツコ・デラックス」は懲りずに「あと何億?」と追及します。「ちょっとやめろ、おまえ。「“億”」から言うなよ!」と拒否する「村上信五」でしたが、「あと3億円くらいでしょ?」と数字を提示し続ける「マツコ・デラックス」でした。

「レギュラー番組」を多く抱え、「ジャニーズ屈指」の「“名司会者”」として、評価も高い「村上信五」です。年収「10億円」というのも、そんなに遠い夢ではないかも知れませんね。

今更ながら「マツコ・デラックス」が謝罪をしたところで視聴者が信じるはずがないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。