北山宏光★ヤバイな&相当すごい★カンボジア一人旅の内容に驚嘆続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「北山宏光★ヤバイな&相当すごい★カンボジア一人旅の内容に驚嘆続出」の事をお伝えしたいと思います。

「5月29日深夜放送」の「ラジオ」「Kis-My-Ft2のキスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・北山宏光」と「宮田俊哉」が登場しました。「プライベート」とは思えない、「北山宏光」の「“クレイジーすぎる一人旅”」の内容が明らかになりました。

世間にすっかり「“アニメオタク”」だと認知された「宮田俊哉」ですが、「30代」に入ってからは一転、「“王子様キャラ”」を目指しているのだそうです。一方、「北山宏光」は「俺もなんかないかな~。俺、「キャラが」ないのよ。印象薄いのよ」と、自身には強烈な個性がないと悩んでいるようです。




「宮田俊哉」によると、「北山宏光」は「体を張る系のロケ」が向いているとのことです。というのも、「北山宏光」は「5月」に配信された「キスマイどきどきーん」「dTV」で「毒グモ」の「“タランチュラ”」を食しており、「それを「いやいやいや~!」って言いながら、バラエティのノリでいけちゃうのがすごいのよ」と尊敬されています。

すると「北山宏光」」は「あいつ、毛あるのよ。だから食ったときに唾液持っていかれるの、毛に。バリバリしたスナック感覚じゃなくて。しかもさ、スタッフさんも塩とか振ってないわけ。素揚げの、ホントに何も味がしないやつで、毛に唾液を吸われるっていう」と、当時を思い出しながら淡々と「タランチュラ」の「食レポ」を始めます。それを聞いた「宮田俊哉」は「いや、ホントそういうロケ行ってほしいんだよね。絶対いいと思うんだよね!絶対いい!」と、「北山宏光」にさらなる過酷な挑戦をさせようと目論みます。ですが「北山宏光」は、「嫌だよ、そんなゲテモノばっか食うロケとか!」「人気出ると思わないわ!」と全力で拒否していました。

そんな「北山宏光」ですが、現在開催中の「コンサートツアー」「Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2019 FREE HUGS!」「東京ドーム公演」が終わった次の日から、「カンボジア」へ一人旅をしていたといいます。しかも、旅行先ではたくさんの「“昆虫”」を食べてきたそうです。あくまでも「プライベート」な旅行だったようですが、その内容は「1人でコオロギ食ってみたりとか。カエル食ってみたりとか、アマガエル。あと タガメ」と、「バラエティロケ」さながらです。しかも、甲羅が硬く丸い「タガメ」は噛むことが難しく「歯と甲羅の相性が悪くて、ツルツル滑っちゃって」といった知識まで披露します。「カメラ」が回っていないにもかかわらず、「“ゲテモノ食い”」に奮闘していたことを明かしていました。




「プライベート旅行」にしてはあまりにも過激な内容で、再び「宮田俊哉」は「「クレイジージャーニー」「TBS系」行きなよ、マジで!いや、ホントこれラジオを聞いてるプロデューサーさんいたらね、ぜひ北山さんにオファーしてほしい!」と、「北山宏光」の新たな一面を熱心に売り込んでいたのでした。

その後、「北山宏光」が旅行中に食べた昆虫の写真を見た「宮田俊哉」が、「うっわあ~!」「う~わっ!やっば!」「お~あ!やばっ!」と叫ぶ中、番組が終了します。「ファン」からも「みっくん、カンボジアまで行ってゲテモノ食べてくるとか、相当スゴいわ」「本人がこれを「“キャラ”」になると気づいてないところがまたヤバいな「笑」」「プライベートでゲテモノ食べるのはすごい。ぜひ「クレイジージャーニー」に出演してください!」など、驚きの声が多数寄せられました。

「バラエティ」の企画になりそうな「プライベート」を過ごしている「北山宏光」です。ぜひ、体を張った「ロケ企画」を淡々とこなす「北山宏光」の姿を見たいものですね。

のんびりで優雅な一人旅行は「北山宏光」には全く必要がないようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。