三宅健★鶴瓶の家族に乾杯★スタッフがトラブルになる★NG出したロケ地明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「三宅健★鶴瓶の家族に乾杯★スタッフがトラブルになる★NG出したロケ地明かす」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「6月3日深夜」の放送では、同日に「三宅健」が出演した「鶴瓶の家族に乾杯」「NHK」の「ウラ話」が語られました。

「リスナー」から「「鶴瓶の家族に乾杯」でどんな出会いがありましたか?」という質問が届くと、「三宅健」は「10年以上前から、この「家族に乾杯」に出たいという話をよく「笑福亭」鶴瓶さんにはしていた」と、念願叶っての出演だったと声を弾ませました。




「三宅健」はまず、「ロケ」の行き先を決めるために、「番組スタッフ」と打ち合わせがあったと明かします。「最初は鶴瓶さんの地元で、鶴瓶さんが本当に「“いい人”」かどうかを聞いて回るっていうのをやったら面白いかなって、冗談で言ったりしてたんだけど。「本当にアポなしでやっていくんで、トラブルになると大変ですよ」みたいな感じで、「スタッフから」オススメされなかったんだよね」と、「三宅健」の提案が却下された経緯を説明しました。

そこで「三宅健」は、自宅に飾ってある木製の「“神棚”」を作っている「メーカー」が富山県にあると知り、その制作現場を見るため、富山県南砺市井波に行きたいと申し出たのだそうです。ほかにも、「三宅健」の気になる「スポット」がたくさんあるらしく、「5年くらい好き」だという「“真鍮”」を使った家具や小物を製作する「ブランド」も、富山県にあるそうです。今回の「ロケ」で行くことはできなかったため、「そっちも見てみたかったね」と思いを馳せていました。

「三宅健」はこの「真鍮ブランド」をかなり気に入っているようで、「箸置き一つにしてもすごいおしゃれだし、スプーンとかフォークとかもおしゃれだし。手で触ることによって、どんどん風合いが変わっていくし、そういうことを楽しみながら使うアイテム。かわいいんだよ」と魅力を語りました。「同ラジオ」では度々「インテリア」の話題が飛び出しますが、食器などの小物にも「三宅健」なりのこだわりがあるようです。




その後、「三宅健」はひとしきり「“キッチン周り”」について語り、「話戻りますけど」と「家族に乾杯」の話題へ。「三宅健」と「仲良し」だという「笑福亭鶴瓶」について、「人の懐に入り込むのが上手だし、その人のよさを引き出すのもすごく上手」と評し、「ホントに鶴瓶さんの人柄でできている番組だなあ、というふうに改めて思いましたけどね」と番組出演の感想を語っていたのでした。

この放送に「ネット」上では、「ラジオで番組裏話が聞けることのありがたさよ」「健くんが好きなものから見聞が広がっていくことが楽しい。私も真鍮気になってきたな」「鶴瓶さんのこと大好きなんだね、健くん。また出てほしいな~!」などの「コメント」が投稿されていました。

いくら「笑福亭鶴瓶」が人気があり人の懐に入っていける人柄だと分かっていても「スタッフ」から見れば地元での「ロケ」は危ないと判断したようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。