増田貴久★エゴサ疑惑浮上★ラジオの感想がTwitterに上がる発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「増田貴久★エゴサ疑惑浮上★ラジオの感想がTwitterに上がる発言」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」です。「6月4日深夜」の放送には、「増田貴久」が登場しました。「5月26日」に最終日を迎えた「コンサートツアー」「NEWS LIVE TOUR 2019 WORLDISTA」にて、次に「リリース」する「アルバム」の「タイトル」を発表した「NEWS」ですが、今回はこの舞台裏について明かされました。

「2017年」から「NEVERLAND」「EPCOTIA」「WORLDISTA」と、「“NEWS”」の頭文字を順番に取った「タイトル」の「アルバム」が発表されてきたため、次回作は「“S”」から始まる単語だと「ファン」の間で予想されていましたが、今回の「ラジオ」で「増田貴久」は、「まさかね、「SHIGEAKI KATO」になるとは思いませんでしたけど」と話を振り、「小山慶一郎」が「ホントね、みなさん驚かれたと思いますよ。「コンサートの」最後に映像が流れまして。「“SHIGEAKI KATO” to be continued」って出ましたからね。本当にみなさんね、次のツアーは「SHIGEAKI KATO」で行きますんで!全編にわたって「SHIGEAKI KATO」って曲を「15曲」入れたいと思いますんで。それじゃ楽しみにしててね!」と流暢に語りました。




もちろん、「アルバムタイトル」が「SHIGEAKI KATO」になるというのは「小山慶一郎」の「“ボケ”」で、「ツアー最終日」には「STORY」という「タイトル」が発表されていました。「増田貴久」いわく、打ち合わせの段階では「「ツアーでは」「何もしない方がいい」ってことになったんだよね。「いや、「STORY」ってのはまだ言わないでおこう。まだもうちょっと、違うタイミングがあるはずだ」って言った」とのことで、もともとは「ツアー」で発表する予定ではなかったのだといいます。

ですが、この打ち合わせ終了後、楽屋に残っていた「増田貴久」と「小山慶一郎」が「スタッフ」と話しているうちに「いや、やっぱ言おうか?」「言うカッコよさがあるんじゃない?」と考え、結局は発表する方向になりました。その後、「手越祐也」と「加藤シゲアキ」にも確認し、正式に進行することになったようですが、急遽決まったために、予告動画は「1週間で作った」「小山」など、かなり「ドタバタ」だったといいます。ちなみに、その動画は「Johnny’s Entertainment」の「公式サイト」で確認することができます。

この発表をした際、「俺ら、反応楽しみだったじゃん」「小山」との理由から、「メンバー全員」で舞台裏にある「モニター」を見ながら、「ファン」の反応を「チェック」していたそうです。大盛り上がりの会場を見て、「小山慶一郎」は「ファンのみなさんの反応見て、うれしかったよ~!」と歓喜します。「増田貴久」も「ありがとうございました!」とお礼を述べており、「ツアー最終日」の発表は大成功となったようです。




そんな話の中、「ファン」は「増田貴久」のある発言に驚いたようです。「コンサート後」で声がかすれていた「小山慶一郎」を、「増田貴久」が「今日もTwitterに上がるんじゃないですか?「スッカスカの「“ス”」」「スッカスカの「“S”」」って」とからかう場面があったのですが、「ネット」上では「まっすーの口から「“Twitter”」って言葉が出るとは!」「「Twitterに上がるんじゃないですか?」って増田さん!? まさかエゴサしてます?」「まっすーが一番SNSから遠いと思ってたのに!」との反応があったようです。

個人で「SNS」を使用している「ジャニーズタレント」は限られており、「NEWSメンバー」は今のところ、誰も「公式アカウント」を持っていません。そのため、「増田貴久」から「Twitter」という言葉が出てきたことに驚く人が多かったのです。とはいえ、「コンサート中」でも「ファン」の反応を気にしている「NEWS」なら、「“エゴサ”」していてもおかしくないかもしれませんね。

「増田貴久」も人の子です。「エゴサ」してても「ファン」なら快く受け止めてくれそうですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。