高橋海人★宮崎大輔選手のシュートに絶叫★俺、アイドル人生終わりだ★絶望した訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「高橋海人★宮崎大輔選手のシュートに絶叫★俺、アイドル人生終わりだ★絶望した訳」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Prince」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「コーナー」「MEDAL RUSH」が放送されました。「6月3~7日」の放送では、「高橋海人」が「ハンドボール」に挑戦することになりました。

日本体育大学の「男子ハンドボール部」を訪れた「高橋海人」でしたが、そこにはなぜか、「ハンドボール日本代表・宮崎大輔選手」の姿がありました。実は、「東京オリンピック」を前に練習量の多い環境に身を置くため、日体大に入学し、現在「38歳」にして「大学3年生」なのだそうです。




ということで、「高橋海人」は「宮崎大輔選手」に指導してもらうことになったのですが、「7人競技」ということも知らないほど、「ハンドボール」について無知だと判明します。ですが、「宮崎大輔選手」は「試合の方が面白いと思います」といい、いきなり「高橋海人」を試合に参加させてしまいます。

「ルール」がわからずあたふたし、「ボール」を「キャッチ」することもできない「高橋海人」です。「ゴールキーパー」以外は入れない「“ゴールエリア”」にうっかり侵入してしまった時には、ほかの選手たちから一斉に「あー!」「あー!」と反則を指摘され、「何もしてなくない!?」と戸惑うしかない状態になります。そして、「高橋海人」は「コート」の真ん中で「ストップ、ストップ!」と言って試合を止め、「ギブアップ」を申し出るのでした。

そんな「“ド素人”」の「高橋海人」ですが、「宮崎大輔選手」は「手と脚が長い」とその「ポテンシャル」に目をつけ、「キーパー」が適任だと感じたようです。ですが、「宮崎大輔選手」が放つ「球速70キロ」の「シュート」を前に、「うわ~!」と絶叫しながら、全力で「ボール」を避けてしまう「高橋海人」です。「無理無理!もろに「ボールが」当たったら、俺アイドル人生終わりだ!」と苦笑いし、「キーパー」を速攻であきらめ、基本の「パス」と「キャッチ」の練習に切り替えます。

手首の「スナップ」だけで横に「パス」を出す「ラテラルパス」を成功させ、「ちょっとセンス感じちゃう!」と自画自賛する「高橋海人」でしたが、「ジャンプ」しながら「シュート」を打つ「ジャンピングシュート」では、そもそも「ジャンプ」することができず苦戦します。何度か練習するうちに、「コツ」を掴んで高く「ジャンプ」できるようになり、再度挑戦して見事な「ジャンピングシュート」を決めます。「宮崎大輔選手」から「完璧!」「このスピードならゴールできる。プロも近いかな?」と褒められ、「高橋海人」は満面の笑みを浮かべていました。




その後、さらに得点力を上げるために「スカイプレー」を教えてもらうことになったのですが、「高橋海人」はなぜか「「“スカイラブ・ハリケーン”」を僕が覚えたら」と、「サッカー漫画」「キャプテン翼」「集英社」に出てくる技と間違え、「宮崎大輔選手」から「それ間違えてますよね?「キャプ翼」じゃない?」と「ツッコ」まれてしまいます。そんな「ナイスコンビネーション」を見せた「高橋海人」と「宮崎大輔選手」でしたが、このあと「“衝突”」することになります。

「スカイプレー」は「パス」された「ボール」を空中で「キャッチ」し、そのまま「シュート」を打つ「コンビプレー」のため、選手「2人」が息を合わせて動くことが重要になります。練習を続ける中、「高橋海人」が「宮崎さん、ちょっとパスが低かった」「もうちょい高く」と厳しい「コメント」をし、「“日本代表”」の「宮崎大輔選手」は「あっ、僕ね?あ~OKッス。わかりました」とやや投げやりな返答をします。そんなやりとりを重ねるうち、「高橋海人」は「スカイプレー」も「バッチリ」習得し、「これでじゃあ、「“スカイラブ・ハリケーン”」は」と「ボケ」をかます余裕も出てきたようでした。ここでもすかさず「できないから!」と「宮崎大輔選手」が「ツッコ」み、「2人」で爆笑していたのでした。

放送後は、「ファン」から「宮崎大輔×高橋海人、超面白かった!」「「“スカイラブ・ハリケーン”」のボケに乗ってくれる宮崎選手、優しいし面白い「笑」」「宮崎さんと海人くんが仲良くなっていくのがかわいかった~!もっと見たい!」という声が寄せられ、「“名コンビ”」の誕生に歓喜していたようです。

「一流アスリート」の「宮崎大輔選手」の「時速70キロ」の「シュート」を目の当りにすれば「高橋海人」でなくても絶望してしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。