大倉忠義★密着!日本の御曹司★ふざけすぎ&何がしたい★ツッコミ相次ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★密着!日本の御曹司★ふざけすぎ&何がしたい★ツッコミ相次ぐ」の事をお伝えしたいと思います。

「6月8日放送」の「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」にて、「大倉忠義」が「“ホテル王一族”」の御曹司に扮した新企画「密着!日本の御曹司」が「スタート」しました。

「創業120年」、小さな旅館から始まった「ビジネス」は、今や「世界23カ国」に「122」の「高級ホテル」を持つほどに成長した という設定で、御曹司の「大倉タダヨシスキー」に扮した「大倉忠義」は、真っ白な「タキシード」に身を包み、高級車で登場します。「タダヨシスキー」の趣味は、庶民店で食事をすることです。今回は「ホルモン」を食べに、新大久保にある「ホルモン店」「ホールちゃん」に向かったのですが、車内で「タダヨシスキー」は「ホルモン?聞いたことないぞ。おいしかったらチェーンごと買っちゃおうか」とつぶやき、笑いを誘います。




「ホルモン店」に到着すると、「大倉忠義家」に代々伝わる「服が少しでも汚れたら速やかに帰宅」という家訓が言い渡されます。「タダヨシスキー」が着ている白い「タキシード」に少しでも汚れがついたら、たとえ食事中だとしても、その時点で即帰宅させられてしまうのです。

「タダヨシスキー」が席に着くと、高級ごま油で漬け込んだ「マルチョウ」が登場します。熱々の鉄板に乗せられ、「ジュージュー」と焼かれている中、執事役の「野間口徹」が「タダヨシスキー」の着る「白タキシード」を念入りに「チェック」します。最初は飛び跳ねなどなかったものの、いつのまにか「タダヨシスキー」の左太ももに、「タレ」が飛び跳ねたと思われる茶色い汚れを発見します。「いつ!?」「待って待って!」と困惑する「タダヨシスキー」でしたが、結局、一口も「ホルモン」を食べることなく店を出たのでした。

「2人」はもう一度同じ店に来店し、今度は「ハンカチ」で汚れを回避する作戦に出ます。ですが、「野間口徹」が取り出した「ハンカチ」は、広げても手の平に乗せられるほどの小ささで、「タダヨシスキー」は苦笑いします。結局、秘伝の「タレ」をかけた際に「タキシード」が汚れてしまい、「これは無理!これは無理だ!」と悲鳴を上げる「タダヨシスキー」でした。




「大倉忠義」といえば、「関東・関西」を中心に「チェーン展開」する焼き鳥屋「鳥貴族」経営者の父を持つ「“リアル御曹司”」として知られているため、「チェーンごと買っちゃおうか」という発言には、視聴者から「これはちゃんとギャグになるのか!?」「某焼き鳥チェーン店の息子が言うとリアルすぎる」「スタッフも大倉くんも、ちょっとふざけすぎ「笑」」という「ツッコミ」が飛んでいました。

一方、新企画ということで、「ファン」からは賛否両論の声が聞かれます。「大倉タダヨシスキーさんと執事の野間口さんコンビ、最高でした!」「これが「クロニクル」の「“真骨頂”」って感じで好き」と称賛があるものの、「「クロニクル」が本当につまらない。何がしたいんだか」「なんかスタッフだけ楽しんでる感じだね、わけわかんなかった」など、否定的な意見も見受けられました。今後もこの「コーナー」は続くのでしょうか。

御曹司と言えば「ファン」も認める「大倉忠義」以外には考えられませんよね。「新コーナー」がどんな方向に向かっていくのかが気になりますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。