松本潤★尾上松也と大ゲンカした過去告白★なんだコイツと思った言動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「松本潤★尾上松也と大ゲンカした過去告白★なんだコイツと思った言動」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「嵐にしやがれ」「日本テレビ系」が、「6月8日」に放送されました。この日、「松本潤」の「コーナー」「MJ倶楽部」には、「松本潤」と同じ高校に通っていた後輩で、「歌舞伎俳優・尾上松也」が登場しました。「尾上松也」の大好物だという「“クレープ”」を、一緒に手作りすることとなりました。

「2人」だけの「ロケ」は初めてらしく、「松本潤」はいきなり「なんか気まずい」と苦笑いします。高校の「先輩・後輩」という関係でありながら、「1997年」に上演された舞台「Stand by Me」では、当時「中学1年生」だった「尾上松也」が、「ダブルキャスト」で「松本潤」と同じ役を演じた縁があるそうです。




ですが、「スタッフ」から「中学校のときから仲良かった?」と聞かれると、「尾上松也」は「いや、中学校の時は」と言い淀みます。これに「松本潤」が「「尾上は」感じ悪かったのよ!」と返すも、「ちょっと待って、こっちが言いたい!どう考えてもこっち「松本」だから!」と「尾上松也」。さらに「僕がすごく好きだったのは、相葉「雅紀」くん」と、「松本潤」の前でまさかの告白をする一幕がありました。その理由について「尾上松也」は、「めちゃくちゃ優しかった。だって相葉くんはバナナくれたんだよ?」と語り、これには「松本潤」も爆笑していたのでした。

その後、「クレープ」作りに使う道具などを購入し、「2人」は車で移動します。車内では、「スタッフ」から「これまでケンカとかしなかったんですか?」と質問され、「松本潤」が「高校時代「“は”」してない」と返答します。どうやら、大人になってから些細なことで衝突したのだそうです。

「尾上松也」によると、「乾杯したグラスが俺より上か下か」ということで揉めたそうですが、「松本潤」は苦笑いしながら「違うよ、端的に言うとそうなんだけど、きっかけはそこじゃなくて」と訂正します。「松本潤」は同級生の「“三宅”」という人物を突然この話に登場させ、「もともと三宅と「尾上が」関係性があるのは知ってるんだけど、やたら三宅に、すごい強いわけ。で、「じゃあ乾杯」ってなった時に、「ウェーイ、三宅お疲れ~!」ってやってる流れで「“カン”」って「グラス」を合わせた時に、「なんだコイツ」と思って」と、「尾上松也」の態度を注意したそうです。ですが「尾上松也」も「俺は昔から三宅と仲がいいんだよ!お前なんかに口出しされたくないんだよ!」といい、「松本潤」と「ケンカ」になった経緯を明かします。




その場にいた「松本潤」の「同級生・中村七之助」が仲裁に入ったといい、「どれだけ俺が仲間を愛してるか、っていうことを号泣しながら終わる」という顛末まで告白した「尾上松也」。そして「松本潤」と「尾上松也」は「じゃあ、2人でご飯食べたことないから、ご飯行ってちゃんと話そう」と約束をし、この「ケンカ」をきっかけに仲が深まったと語っていました。

この日の放送に視聴者からは、「松本潤とケンカできる関係性ってのが、うらやましいどころじゃないわ!」「なんか男の子っぽいエピソードだなあ~。ケンカも悪くないもんだね」「潤くんが本当に人間関係を大事にしてることが伝わる」という声が集まりました。

「2人」の妙な「プライド」のぶつかり合いで喧嘩に発展してしまったようですが、今はお互いに良い思い出になっているようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。