安田章大★断念させて&収録中にギター実演拒否★ファン衝撃の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「安田章大★断念させて&収録中にギター実演拒否★ファン衝撃の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」がさまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「6月9日」の放送では、「ギタリスト」の「布袋寅泰」が「ゲスト登場」し、「絶対マネできないスゴ技」を紹介します。「布袋寅泰」の「ライブ」で「ギター」を披露する「側近ギタリスト」の「黒田晃年」と、「“サムライギタリスト”」として世界でも活躍中の「MIYAVI」も出演しました。

世界の「有名アーティスト」の「ライブ」などにも参加しており、日本を代表する「ギタリスト」として、「プロ」でも憧れる「ギターテクニック」を持つ「布袋寅泰」です。そこで今回、番組では本人の解説に加え、生実演と「スーパースロー分析」で、「布袋寅泰」の「ギターパフォーマンス」を徹底検証していきました。




「布袋寅泰」が得意とする「ギター奏法」といえば、腕をぐるぐると回して弾く「“ウインドミル奏法”」です。「プロ」の「ギタリスト」たちからも「ケガしそう」「マネできない」という声が寄せられており、「関ジャニ∞」で「ギター」を担当する「錦戸亮」と「安田章大」も「危なそうですよね」「あれ当たりますよね」と「コメント」します。挑戦するだけでも勇気がいる「パフォーマンス」のようです。

ですが、「布袋寅泰」いわく「実はね、ちょっと秘密があるんですよ。これを知ればみなさんでもできる」とのことです。そこで「大倉忠義」は、「やってよ、ヤス」と「安田章大」に無茶ぶりするも、「いや、できるかい!「指が」パックリいくよ」と即座に拒否します。実は「ピック」で弦を弾いているのではなく、「“中指と薬指”」を使って弦を弾いていると「布袋寅泰」が解説し、「コツ」を覚えれば簡単に弾けると豪語します。その「アドバイス」を参考に、「布袋寅泰」の「ギター」を借りて「トークゲスト」の「アンタッチャブル・山崎弘也」が挑戦してみたのですが、確かにそれらしい雰囲気は出ており、「布袋寅泰」もご満悦でした。

その流れで「やってみる?」と「布袋寅泰」に指名されて、「ウインドミル奏法」に挑戦することになった「安田章大」です。「村上信五」から「うわ~!お前よかったなあ!」と声をかけられ、うれしそうに「布袋寅泰」の「ギター」の「ストラップ」を肩にかけながら「こんな下「の位置」で弾いてるんですか!?」と素直に驚く「安田章大」でしたが、このあと「アクシデント」が発生しました。




なんと、「布袋寅泰」と「安田章大」の身長差がありすぎて、「安田章大」の右手が「ギター」の弦に届かないという、衝撃の展開が起こったのです。「届いてないやないかい!」「大倉」「ほんまや!届かんな!」「村上」と「メンバー」も思わず「ツッコミ」を入れ、「スタジオ」は大爆笑に包まれていましたが、「安田章大」は「えっ!? ギターを弾こうと思って背負わせていただいたんですけど、「手を」回しても届かないです ちょっと、断念させていただいてもよろしいですか?」「そんなことありますか?」と、しょんぼりしながら自分の席に戻っていったのでした。

これには「ファン」から「まさかの届かない事故!かわいいけどかわいそう「笑」」「手が届かない安田さん これはショックだ~」「布袋さんとの身長差がこんなところで仇になるとは!」との声が続出し、思わぬ「ハプニング」に驚きと笑いが起こっていました。

どんな「ハプニング」も笑いに変えてしまう「安田章大」の面白さに「ファン」も楽しめたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。