増田貴久★フォトフレームいらない宣言★過去にフォトフレーム販売していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「増田貴久★フォトフレームいらない宣言★過去にフォトフレーム販売していた」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」です。「6月11日深夜」の放送には「増田貴久」が登場し、こだわりの衣装について語りました。

「2017年」から「“NEWS”」の頭文字を取った「タイトル」の「アルバム」を引っ提げて「ツアー」を行っている「NEWS」です。「NEVERLAND」「2017年」「EPCOTIA」「2018年」「WORLDISTA」「2019年」に続き、次は「STORY」「2020年」になると発表されましたが、それら一連の「ツアー衣装」を手掛けているのが「増田貴久」です。




そこで「リスナー」から、「「「WORLDISTA」のライブで」慶ちゃん、まっすーがお気に入りの衣装はでどれですか?また、まっすーに衣装のお話聞きたいです」というお便りが寄せられると、「増田貴久」は「今回はいろいろ逆に、「NEVERLAND」「EPCOTIA」ってやってきてるからこそ!みたいなのがあって、「“起承転結”」の「“転”」であるべきだってのがすごい「あった」。演出もそうだし衣装もそうだし」と言い、「「“S”」に向けて何ができるんだろう?」と、次の「ライブ」への繋がりも考えて製作したと語りました。

さらに、「増田貴久」は「「NEVERLAND」の時から、もう「“S”」の衣装考えてるんですよ」と明かし、「2017年」の時点で、「4部構成」を見越した衣装の構想に入っていたといいます。

また、実は演出についても意見を多く出しているという「増田貴久」。「セットリスト」に関しては、「メンバー間」で意見を出し合っているようですが、「動いてる量で言えば、凄まじいけどね」と、「小山慶一郎」から見た「増田貴久」の仕事量は相当なもののようです。そのうえで、さらに「増田貴久」が「船を使いたい」「花道に「水を」流したい」などの発案もしていることについて、「小山慶一郎」は「俺は思いつかない。すげぇ!」と絶賛していたのでした。

また、この日「6月12日」は「“恋人の日”」ということで、「恋人同士でフォトフレームを贈り合う日とされています」との「メッセージ」が寄せられると、これは「アリ」か「ナシ」かという話に発展しました。




「NEWS」では「フレーム」に写真を入れた状態で「スタッフ」に「プレゼント」することが多いといいますが、「増田貴久」は「趣味に合わなかったら困る。と、なってくるとフォトフレームは贈られたくないですね」と「コメント」します。一方で、「小山慶一郎」は「迷ったらフォトフレームみたいな時あったな」と自分から「プレゼント」していた時期もあったようです。

「増田貴久」いわく、「フォトフレーム」の足が片側しかなかったり、写真の留め具が片方しかないために端から写真が落ちてきてしまうのが嫌だそうで、最終的には「フォトフレームいらない!」という結論に至ったのでした。

ですが、実は「15周年」の「アニバーサリーグッズ」として「フォトフレーム」を販売していた「NEWS」です。そのため、「増田貴久」の発言を聞いた「ファン」からは「NEWSはフォトフレーム作ってましたが?」「フォトフレームいらない!とか言ってるけど、私たちに売ったの覚えてる?」「15周年のグッズにあったじゃん」と「ツッコミ」の声が上がったのでした。

「増田貴久」の発言は応援してくれている「ファン」の気持ちを台無しにしてしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。