ジャニーズJr.★Love-tune★独立説浮上・専属契約拒否・内乱勃発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「ジャニーズJr.★Love-tune★独立説浮上専属契約拒否内乱勃発」の事をお伝えしたいと思います。

先日、「King & Prince」 の今春「CDデビュー」が発表されたのに伴い、「ジャニーズ事務所」内では、これまでになかった「“制度”」が「ジャニーズJr.」に対して発令されたといいます。ところが、同じく「デビュー」を期待されていた「Jr.ユニット」の「Lovetune」が、これを拒否したことから、「ジャニーズ内部」では「独立してしまうのではないか」とささやかれているといいます。

キンプリデビュー」に際して、「ジャニーズ」ではこれまで行っていなかった各「Jr.」との「専属契約」を結ぶことになったようです。これまでも、「所属タレント」が公に「Jr時代は契約書の1枚も交わしていなかった」と発言する「ケース」は多々あったものの、今回、これが見直されたようです。芸能界での「“働き方改革”」が叫ばれる昨今だけに、時代の流れに沿ったということのようです。




ところがほとんどの「Jr.」が「サイン」する中、「Lovetune」の「メンバー」である「安井謙太郎さん真田佑馬さん森田美勇人さん諸星翔希さん萩谷慧悟さん阿部顕嵐さん長妻怜央さん」は、全員「ジャニーズ」との契約書に「サイン」することを拒否したといいます。

Lovetune」は「デビュー」前ながら、「3月」には「ジャニーズJr祭り2018」で「横浜アリーナ単独公演」を予定しているなど、高い人気を誇る「グループ」です。ですが、全員が「20歳前後」の「キンプリ」に比べると、最年長の「安井謙太郎さん」は「26歳」、また「真田佑馬さん」も「25歳」で、「メンバー」の年齢層がやや上のようです。にもかかわらず、「デビュー」で先を越されてしまったとあって、今後の身の振り方を考えるようになっているのかもしれません。

キンプリ」の「デビュー」発表時、「ファン」は当然狂喜していたものですが、「Lovetune」らほかの「Jr.」「グループ」の「ファン」は、「なぜキンプリが先なのか」と大荒れの様子でした。




その「Lovetune」が、「ジャニーズ」の「新ルール」に逆らったようです。その行き着く先は、当然「“独立”」または「“事務所移籍”」と考えられます。「グループ名」を変えて「インディーズデビュー」するつもりなのかもしれませんが、「ジャニーズ」内部では「“飯島さんのところ”に行くんじゃないか?」と疑心暗鬼になっているようです。

「“飯島さんのところ”」とは、「元SMAP」の「3人」が業務提携する、「飯島三智氏代表」の「CULEN」です。「飯島三智氏」が「ジャニーズ」に在籍した時代に、「Lovetune」の「メンバー」は、「中居正広さん」や「香取慎吾さん」と共演する機会もありました。

とはいえ、「安井謙太郎さん」や「阿部顕嵐さん森田美勇人さん」は今年公開予定の映画に出演しているし、すぐに独立の動きがあるという話ではないはずです。ただ、契約書を交わさなかったことで、今後「ジャニーズ」内部で、彼らの扱い方が変わってくる可能性は否定できないようです。

SMAP」騒動がようやく決着したものの、新たに「ジャニーズ」で発生した「“内乱”」です。今後も事務所内は、不穏な空気に包まれることとなりそうですね。

事務所問題も最近では珍しくなくなってきましたよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。