玉森裕太★パラレルワールド・ラブストーリー★力不足実感&弱音ポロリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「玉森裕太★パラレルワールド・ラブストーリー★力不足実感&弱音ポロリ」の事をお伝えしたいと思います。

「6月12日深夜放送」の「ラジオ」「Kis-My-Ft2のキスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・横尾渉」と「玉森裕太」が登場しました。「ドラマ」や映画の「“NGシーン”」について語られました。

この日、「リスナー」から「今までドラマや映画に出演されてきたと思うのですが、NGって結構出しますか?」という質問が寄せられ、現在、主演映画「パラレルワールド・ラブストーリー」が公開中の「玉森裕太」は、「NGなんてたくさん出してますよ僕、何回も。嫌なほど出してますよ」と「キッパリ」。




「セリフ」間違いといった単純な「ミス」よりも、「足りてなかった、自分の力が」と「“力不足”」で監督から「NG」を出されることが多かったようで、「玉森裕太」は「100%出してるつもりではいるけど、やっぱ伝わらないときもあるしね、監督に。なんか難しいよね。思ってることをちゃんと感情に出してはいるけど。監督とのさ 人対人だし、伝え方だったりとさ、そういうのって変わってくるから」と、苦労を語っていました。

そして「横尾渉」が「NG出たときの共演者の空気感って、どうなんですか?」と聞くと、「玉森裕太」は「みんなも「“当たり前”」だと思ってるからね。NG出すことが悪いと思ってないから」と返答します。「玉森裕太」も、出演者の誰かが「NG」を出したとしても、「全然、何も気にしなくて大丈夫で~す!」とあっけらかんとしており、自分が「NG」を出しても「申し訳~!」くらいにしか思わないそうです。その考えの根本には、「しょうがないんですよ。いいもの作るためだと思えば。そういう、何回もやり直すってのは問題ない!」と、いい作品を作っていく上での工程の一つとの思いがあるようです。

一方、「2018年」に「ドラマ」「○○な人の末路」「日本テレビ系」で「Kis-My-Ft2」の「派生ユニット」「舞祭組」の「メンバー」と共演していた「横尾渉」は、「セリフ」の「イントネーション」がうまくいかず、「全然言えなくて」苦労したことがあったそうです。なんと、「OK」をもらうまでに「20テイク」ほどかかってしまった「シーン」があったのだそうです。




そんな中で、もっとも「NG」が多かったのは、「千賀健永」だったそうです。最終回のとある「シーン」で、「横尾渉、二階堂高嗣、千賀健永、宮田俊哉」の順で「メンバー」それぞれに「長セリフ」が与えられ、それを「1カット」で撮影する場面があったと回顧します。誰かが「NG」を出してしまうと、全員で撮り直すことになる緊張感の中、「千賀健永」が何度も「NG」を出してしまっため、「横尾渉」と「二階堂高嗣」は「えっ、俺言えたのに」と「ガックリ」していたことを告白します。とはいえ、実際は「メンバーでやってるから、「NGが出ても」笑いになるの。「何やってんだよ~!」とか」とのことで、和気あいあいと撮影していたようでした。

この放送に「ファン」からは「言い訳をせず「“どーん”」とあるがままを受け入れる玉森くん、かっこいい」「玉森くんのこういう考えがホント好き!」「NGに対して寛容な玉ちゃんと横尾さん、余裕があって大人でいいね」などの声が寄せられていました。

寛容な考えで撮影をしていないと上手くいくものもいかなくなるでしょうね。地道な作業があってこそ素晴らしい作品になるんでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。