伊野尾慧★三宅正治アナウンサーに宣戦布告★40年後の立ち位置★ファン仰天

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★三宅正治アナウンサーに宣戦布告★40年後の立ち位置★ファン仰天」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP・伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」が、「6月13日」に放送されました。




この日の「伊野尾ピクチャー」では、写真家で映画監督の「蜷川実花」と「伊野尾慧」の「ツーショット写真」を公開しました。「蜷川実花」が「2019年度」の「Hey!Say!JUMPカレンダー写真」を撮影して以来、交流があるそうで、「伊野尾慧」は「お食事に行ってきた」と明かしていました。この写真を見て、「伊野尾慧」自ら「不思議な組み合せですよね」と言いつつ、最後には「蜷川実花」が監督を務めた映画「Diner ダイナー」「7月5日公開」について、「僕も必ず見に行きます!」と宣言していました。

その後放送された「イノ調」では、政府が「“70歳定年制”」を打ち出したということで、「伊野尾慧」が「高齢者雇用」に取り組んでいる企業を訪問します。これまでとは違う「ジャンル」で活躍する定年退職者や、退職後に契約社員として転職した「シニア」を、「伊野尾慧」が取材しました。また、「ファミレスチェーン」の「すかいらーくホールディングス株式会社」では、社員の定年は「65歳」であるものの、「パート・アルバイト」の定年が「75歳」ということで、実際に高齢者が活躍している現場を目の当たりにしました。

前向きに仕事へ取り組む高齢者を見て、「伊野尾慧」は「僕ももっと真面目に働かなきゃな、って思ってくる」と自戒します。さらに、「ニュースとかで高齢者の方が増えてるってお話聞くと、どうしても「暗いトーンなのかな?」って思ってしまいがちだったんですけれども、そういうことじゃないんだなって思いました」と、高齢者雇用の「イメージ」が変わったと語ります。そして「昔より高齢者の方々が非常に若々しいし、「働きたくない、仕事に行きたくない」っていう若い方々、今すごく多いじゃないですか。そういった方々に、この笑顔と楽しく働く姿を見てほしい」と、熱く語っていました。




「ロケ」の最後に、「スタッフ」から「40年後の自分はどうなっているか」と話を振られた「伊野尾慧」は、「確実に、三宅「正治」さんか、あるいは蝶ネクタイして軽部「真一」さんの立ち位置にいると思う」と笑いながら「コメント」します。これに「三宅正治アナウンサー」は、「そんな野望が!」と衝撃を受けていました。

「伊野尾慧」の「“野望”」には「ファン」も反応しており、「伊野尾くん、長生きしてこれからも「めざましテレビ」で頑張ってね!」「40年後は伊野尾慧の「めざましテレビ」になってるのか!それまで応援します!」「まさか伊野尾くんが「三宅さん・軽部さん」のポジションを狙っているとは「笑」」という仰天の声が集まっていました。

宣戦布告をするのは良いのですが「40年後」も「めざましテレビ」が放送されているかどうかですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。