伊野尾慧さん★めざましテレビ★建築物レポート・鋭い着眼点・すばらしいの声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧さん★めざましテレビ★建築物レポート鋭い着眼点すばらしいの声」の事をお伝えしたいと思います。

Hey!Say!JUMP伊野尾慧さん」が「木曜レギュラー」として出演している情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」です。「3月1日」の放送では、東日本大震災特別企画「~Rebuild東北~」に登場しました。「2011年3月11日」に起こった震災から「7年」が経とうとしている宮城県女川町を「伊野尾慧さん」が訪ね、「“津波に負けない新建築”」を「レポート」しました。




まず「伊野尾慧さん」が取材したのは、「JR石巻線」の終着駅である女川駅です。現在は足湯や温泉施設が併設されており、観光名所としても機能しています。そんな駅構内を案内してもらった「伊野尾慧さん」は、まず天井に着目しました。「本当にすごいんですよ木を湾曲させているというかゆがんでるじゃないですかそれでこれを造るというのがかなりの技術がいること」と、難しい技術で作り上げられた建物に感心しながら「レポート」していました。この湾曲した天井は、女川の「シンボル」である「“ウミネコ”」の羽に見立てて作っているらしく、「伊野尾慧さん」は建物の大事な特徴や「ポイント」をしっかり押さえていました。

続いて、公営住宅団地を訪れた「伊野尾慧さん」です。「約1年」と非常に速い「スピード」で完成した理由について、担当者が「“プレキャストコンクリート”」を使用したのだと説明しました。一般人には聞きなれない言葉ですが、「伊野尾慧さん」は「~!」と納得した様子で、「工期が短くなるんですよ3カ月くらい工場で作ったコンクリートの部材をこちらに持ってきてここで組み立てるっていう形をとってるんで」「強度も強く作れるんですよ工場でコンクリートの部材を作ってるんで」と滑らかに補足説明を加えていました。建築科出身の専門知識を使い、視聴者にわかりやすく説明したこの場面は、「伊野尾慧さん」が「レポーター」として腕をあげたことがよくわかる「一幕」でありました。

伊野尾慧さん」はその後、町民の声を取材し、「海の香りがするんですねそれがいいですね」「海が見えるところが気に入ってます」など、女川町の住民の声を聞いていました。これを聞き「伊野尾慧さん」は「津波は危険だけれども海が好きであって海とともに生きていきたいみたいな思いがあるということがすごいことだなと思いますけどね」と、被災地に住む町民の気持ちに寄り添った感想を述べていました。




そんな「伊野尾慧さん」の熱心な「レポート」に、「ネット上」では「伊野尾くんの丁寧なレポートを見て女川町に行きたくなった!」「伊野尾さんの知識を活かしたわかりやすいレポートすばらしい今後彼はレポーターとしていろいろな番組で活躍するんじゃないかな?」「被災地の方の気持ちに寄り添える伊野尾くんならではの明るい取材とてもよかった」との声が上がっており、「伊野尾慧さん」の知識量や取材力、そして被災地に寄り添う真摯な姿勢が大好評でありました。

伊野尾慧さん」ならではの取材力が光った今回の放送でした。来週の後編も注目したいですね。

伊野尾慧さん」の知識の高さが垣間見えた素晴らしい「レポート」でしたよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。