JUMP★台湾公演決定★意味がわからない&台湾だと盗撮いいんだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「JUMP★台湾公演決定★意味がわからない&台湾だと盗撮いいんだ」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」が「10月5日」と「6日」に「台湾・台北アリーナ」で「Hey!Say!JUMP LIVE 2019 in Taipei」を開催することが明らかになりました。「メンバー」の「知念侑李、中島裕翔、薮宏太、山田涼介」が「6月14日」に台湾入りし、現地で公演開催を報告したといいます。「Hey!Say!JUMP」といえば、「ファン」の「マナー違反」を理由に「アリーナ会場」での「コンサート」を見送ると発表していただけに、「ネット」上では「ツアーやらずに台湾でライブとか、意味がわからない」などと、批判的な反応が続出しています。

「Hey!Say!JUMPメンバー」は「14日」に台湾に到着し、その足で会見場へ向かった模様です。「14日午後2時」「日本時間」の段階では、「ジャニーズ公式サイト」に「台湾コンサート」に関するお知らせは掲載されていなかったものの、「ネット」上には空港に到着した際の「4人」の姿、会見の模様が動画や写真で出回っており、日本の「ファン」も状況を把握することとなりました。「台湾メディア」「自由時報」の「YouTubeチャンネル」の一つ「自由娯楽頻道」に上がった動画を見ると、「山田涼介」たちは待っていた「現地ファン」に大歓声で迎えられています。「ファン」は「コンサートグッズ」の公式うちわや手作りうちわ、「メッセージボード」を掲げ、彼女たちを「バック」に報道陣向けの「フォトセッション」を行う場面もありました。

空港を出た後は、大勢の「マスコミ」や係員らに囲まれながら慎重に歩き、車に乗り込んでいました。「ファン」も外まで彼らを見送り、うちわを「アピール」する、手を振る、携帯電話を構えてその様子を撮影している人など、さまざまな形で熱視線を送っています。また、「Hey!Say!JUMP」の台湾公演は「2012年」以来、「7年」ぶり「2度目」となりますが、囲み取材では空港に「ファン」が集まっていたことについて聞かれると、「温かく迎えていただいてありがたいなと思ってますね」「中島」「7年も会っていなかったので、ヘタしたら待ってくれてる人がいないんじゃないかっていうことも考えたので、いてくれて安心しました」「知念」などと、うれしそうに話していました。




そんな「Hey!Say!JUMP」は、「5月19日」に「ジャニーズ公式サイト」を通じて「アリーナツアー」の「“延期”」を公表します。以前から「公共交通機関の利用マナーに関するお願い」を呼びかけ、「メンバー」の「八乙女光」らも「公式携帯サイト・Johnny’s web」で「新潟からの帰りの東京駅、マナーの悪い人が多かったです」と苦言を呈し、「ライブの開催自体を考え直す」方針を綴っていました。ですが、これらの状況が改善に至らなかった点を踏まえて、今年は「アリーナツアー」を見送ると決定しました。「全国各地での開催を望むメンバーにとりましては苦渋の決断であり、全員が強く来年以降の全国ツアー再開を希望しております」と記し、「ファン」に協力を求めたのでした。

それだけに、「台湾コンサート」の開催を知った「ファン」は「日本はダメなのに、台湾は空港での出待ちもよくて、盗撮もいいんですか?」「空港で出待ち、写真撮影はいいわ、ファンサするわ、日本と台湾の差がスゴすぎる。マナー守ってる日本のファンの気持ちも考えてよ」「日本でダメなことが台湾だったら許させるのか。今までマナー守ってきたJUMPファンに失礼では?」「国内ファンを差別してるの?こんなことを続けてたらファン減るよ」「アリーナツアー見送りはしょうがないって思ってたけど、台湾でやるのはやっぱり違う気がする」「台湾ライブは素直におめでとうって言えない。JUMPは日本のファンを捨てたの?」と、不快感をあらわにしています。中には「台湾ライブのために日本のアリーナツアーをなくしたのかなって思っちゃう」と深読みする人もいるようです。

もちろん、こうした失望の声とは逆に「なんでみんなそんなに怒ってるの?台湾でコンサートできるってスゴいことじゃん」「日本には日本のルール、海外にはその国のルールがあるんだから、何でもかんでも批判しないで」「アリーナツアー中止とか、海外でコンサートやるのは事務所の方針。JUMPが批判されることではない」と、冷静に受け止める「ファン」も存在します。とはいえ、疑問や怒りの声がほとんどで、「Twitter」が大荒れしてしまいました。

一方、「ジャニーズアーティスト」の台湾公演といえば、「昨年9月」には「関ジャニ∞」が同じく「台北アリーナ」で実施したばかりです。この際も、一部で「トラブル」があったとされています。




「コンサート中」に「“大倉忠義の服を引っ張るファンがいた”」との不確定情報が広まったほか、演出で発射された「銀テープ」を確保しようと、公演が終わった後で「ステージセット」に侵入する女性もいたそうです。実際、この様子を目撃した人が動画を撮影しており、「ネット」上では「台湾か日本のエイター「関ジャニ∞ファン」かわからないけど、マナー悪すぎて引く」と、否定的な書き込みが相次ぎました。公演の数日後、「メンバー」の「安田章大」は「Johnny’s web」の連載「関ジャニ戦隊∞レンジャー」で台湾公演を振り返り、「感覚が違うならば無理して理解しないでください「笑」心が疲弊しますよ?」と、意味深な「メッセージ」を発信しています。さらに、台湾と日本の「ファン」は「おんなじだけ温かい、情熱的!」などと書き、「タイムリー」な内容が話題になりました。

なお、今回は現地の会見終了後に「Hey!Say!JUMP」の「ファンクラブ会員」向けに「メール」が届き、「コンサートチケット付き旅行パック」の販売を告知しています。これに関しても、「ファン」は「マナー違反が多くてツアーが中止になったのに、旅行パックって。ジャニーズ事務所はアホなの?」「日本でのツアーは中止したくせに、日本のファンも応募できるって、矛盾してるんじゃない?」「台湾の会場を埋めるために日本人へ売りつけるの?それなら最初からやらなければよくない?」と、事務所に対する不信感を募らせています。

ひとまず、何事も「トラブル」なく公演に漕ぎ着けることを願いたいものですね。

日本での「アリーナツアー延期」後の「台湾公演決定」には「ファン」も納得せざるを得ないにしても何となく不信感が募ってしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。