堂本光一★堂本剛を感心させた★Endless SHOCKで培われた事

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「堂本光一★堂本剛を感心させた★Endless SHOCKで培われた事」の事をお伝えしたいと思います。

「6月15日」に放送された「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」に、「THE ALFEE・高見沢俊彦」が「ゲスト出演」しました。

今回の登場で、同番組へ最多出演となる「高見沢俊彦」のやりたいことは、「都内のパワースポットをめぐりたい!」というものでした。「65歳」となった「高見沢俊彦」は、「前期高齢者!年金もらえるんだぜ!年金バンド!」と言いながら登場し、あと「5年」で古希を迎えるということで、「70代」に向けて「パワー」を充電したいのだそうです。




今回、「パワースポット」を紹介してくれたのは、「“手相芸人”」の「島田秀平」でした。まず最初に、都内注目の「パワースポット」である「愛宕神社」を「ピックアップ」します。「島田秀平」いわく、ここは「出世運や仕事運にご利益がある」と言われており、「出世の石段」と呼ばれる石段があるそうです。

一行が愛宕神社に到着すると、目の前には長い石段が。それを見た「堂本光一」は、「これは「“落ち甲斐”」があるなあ!」と一言。というのも、「堂本光一」が主演の舞台「Endless SHOCK」では、階段から転がり落ちる「“階段落ち”」という演出を毎公演披露しているため、長い階段を見るとつい反応してしまうようです。この発言を聞き、「堂本剛」も「高見沢俊彦」も「危ないな!」と「ツッコミ」を入れていました。

その後、「この階段は何段でしょう?」という「クイズ」が出されると、「堂本光一」と「高見沢俊彦」はどちらとも「88段」と答えますが、正解は「86段」でした。「2段」違いの惜しい展開に、「堂本剛」が「すごいな。なんでこれが88段って?」と聞くと、「堂本光一」は「私の場合は、自分が階段落ちてるのが22段なんですよ。で、あのくらいの高さだろうなっていうので」と、「Endless SHOCK」の経験から答えを導き出したようでした。「落ちるのは得意だけど、上るのは不得意よ」と「ボヤ」く「堂本光一」でしたが、「堂本剛、高見沢俊彦」とともに石段を上りきり、神社を参拝したのでした。




その後、原宿にある「コロンバン」で「“開運スイーツ”」と呼ばれる「はちみつプリン」を食した一行は、千駄ヶ谷にある「鳩森八幡神社」に移動します。ここは、勝負事の神様が祀られているそうで、富士登山と同じご利益があると言われる人工の山「富士塚」が有名とのことです。「3人」はこの富士塚の頂上を目指すこととなりました。

本当の登山をしているような険しい山道を歩き、頂上にたどり着くと、それぞれ願い事を叫ぶ流れになります。「高見沢俊彦」が「6月26日に新しいアルバムが出ますんで!「Battle Starship Alfee」よろしくお願いします!」と宣伝すると、続けて「堂本剛」が「どんな勝負にも勝てますように!」と絶叫します。最後に、「堂本光一」は「あと身長15センチください!」と叫び、周囲の笑いを誘っていたのでした。

この放送に「ネット」上では、「今日は「Endless SHOCK」ネタが多かった!86段の階段落ちはやめてね「笑」」「光一くんの願いが切実すぎる!神様お願いします!」「キンキと高見沢さんの絡みが最高に面白かった。12回目の出演もお待ちしてます!」などの「コメント」が投稿されていました。

長年の経験で養われた事がどこで役立つか分からないものですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました