錦戸亮★イーピン切り★おっぱいと叫びノリノリ★意外な趣味発覚

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「錦戸亮★イーピン切り★おっぱいと叫びノリノリ★意外な趣味発覚」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」です。「6月19日深夜」の放送は、「タレント・中川翔子」を「ゲスト」に迎えて「トーク」が展開されました。

「中川翔子」は「2年前」に「横山裕」と舞台で共演しており、いきなり「横山大明神!ゼウス!お久しぶりです!」とあいさつします。「中川翔子」いわく、舞台中の「横山裕」は「みんなに「ご飯食べ食べ、何でも食べ、食べたらええねん」って、すごいんですよ!」と、率先して食事に連れて行ってくれたのだそうです。その甲斐あって、共演者は一致団結していたとのことです。




「横山裕」はこれに「みんなどうしてるの逆に、舞台とかあったら。「食事に」行けへんの?」と、「関ジャニ∞メンバー」に質問します。すると、「大倉忠義」が「ゼウスは行く方なんですか?」といい、「村上信五」も「ゼウスほどではないかな~」と反応します。これに「横山裕」自身も「ゼウスくらいになると行くよね~」と乗っかり、しばらくこの「ノリ」は継続していました。

「アニメ」や漫画が好きで、「“オタク”」な「イメージ」の強い「中川翔子」ですが、「30代」になっていろいろと変化があったそうです。運転免許証の取得、まだ見ぬ孫のために「“化石”」を集める、さらに、麻雀を始めたという「エピソード」も披露しました。

「麻雀を覚えなさい」という祖母の遺言により、麻雀を始めたという「中川翔子」です。実際にやってみると、その面白さにすっかり「ハマ」ってしまったといい、とうとう自宅に「“全自動雀卓”」を置くことになったそうです。さらには先日、「プロ雀士」としても活躍する「俳優・萩原聖人」と、麻雀漫画で有名な「漫画家・福本伸行」と麻雀をしたという裏話が披露され、「関ジャニ∞メンバー」は「すげ~!」と驚きました。




「中川翔子」は、対局で時間を共有することによる、自然発生的な「“変なノリ”」で麻雀好きの輪が広がるのだと語ります。「関ジャニ∞」では、「錦戸亮」が麻雀をするそうで、「中川翔子」の話に「わかる、わかる!」と共感します。「「“イーピン”」っていう丸いやつがあるねんけど、それを切るとき「乳首!」って言ったり」と自身の「“変なノリ”」について明かすと、麻雀を知らない他の「メンバー」は大爆笑します。さらに「錦戸亮」は、「マル2つあるやつは、「おっぱい!」」と満面の笑みで言い、さらに笑いを誘ったのでした。

今回の放送では、「錦戸亮」が麻雀を打つことに驚く「ファン」が多く、「ネット」上では「亮ちゃんが麻雀やるの知らなかった!意外!」「亮ちゃんが麻雀してることにときめきを隠せない!」との声が聞かれました。さらに、「“変なノリ”」についても「「おっぱい!」って何!? 小学生かよ「笑」」「麻雀ってあんまり面白いイメージなかったけど、亮ちゃんとやったら楽しそう!」という反応が寄せられていました。

「錦戸亮」独特の「イーピン切り」の「乳首ノリ」には「メンバー」はじめ「ファン」も笑ってしまいますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました