櫻井翔★わかったよ&細かいよ★有吉弘行&島崎和歌子をウンザリさせた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「櫻井翔★わかったよ&細かいよ★有吉弘行&島崎和歌子をウンザリさせた」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・櫻井翔」と「有吉弘行」が有名人の素顔や本音に迫る「バラエティ番組」「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系」です。俳優の「志尊淳」を「ゲスト」に迎えた「6月20日」の放送では、「櫻井翔」が学生時代の「“モテエピソード”」について語る場面がありました。




「2014〜15年」に放送されていた「烈車戦隊トッキュウジャー」「テレビ朝日系」で「トッキュウ1号」を演じ、子どもたちの「ヒーロー」になった「志尊淳」は、昨年放送の「朝ドラ」「半分、青い。」「NHK総合」の出演によって、一躍人気俳優となりました。

そんな「志尊淳」、叔父は「ミュージシャン」の「宮崎歩」で、「和田アキ子」や「JUJU、工藤静香」など多くの「アーティスト」に楽曲を提供しているのだといいます。また、「嵐」にも楽曲提供を行っており、「櫻井翔」は「僕らも提供してもらってて」と「コメント」します。「シングルの曲で言うと、「ハダシの未来」「2003」って言って、昔、飲料の「CM」になった曲があるんですけど」と「櫻井翔」が説明すると、「“ジャニーズファン”」を公言している「銀シャリ・橋本直」が、「弾けるパッション!そうさNo Reason!」と歌って補足します。「リリース」したのが「15年」以上前ということもあり、「そうそう!すごい!」と素で驚いていた「櫻井翔」でした。

また、「志尊淳」は「15歳」ごろ「人生の中で一番モテてた」そうで、「“モテ伝説”」として「月に30人から告白されていた」「バレンタインデーは県外からも女子生徒が殺到」といった、友人からの「タレコミ」を紹介しました。「櫻井翔」は「県外からってのは?」と、遠方の女性からも好意を寄せられていたことに驚きの表情を見せていましたが、「志尊淳」は「近隣に学校があったりとか、養成所に通ってたりしたんで そこからもらう中で、県外から来てる子がいるってだけだと思うんですけど」と説明します。




その後、「有吉弘行」が「それこそ櫻井くんあるんじゃない?モテ期といえば」と「櫻井翔」に話を振ると、出演者の「島崎和歌子」も「ね?高校生の時とか」と興味津々です。ですが、「櫻井翔」は「ないですね」と即答し、言い訳を繰り出します。「櫻井翔」の言い分としては「男子校だった」ことと、「僕、中学2年生でジャニーズ「事務所に」入ってるから、「バレンタインデーのプレゼントを」もらったとしたら、「“ジャニーズJr.バイアス”」かかって。下駄はいてるから。ジャニーズJr.としてもらってますから」とのことで、最後まで「これはもう、「“会社として”」もらってます」と謙遜します。「スタジオ」からは、「モテ」ていたことを絶対に認めない「櫻井翔」に対し、「わかったよ!」「有吉」「細かいな~」「島崎」との「ウンザリ」したような「ツッコミ」が飛び交いました。

この放送に「ファン」からは、「翔くん、素直に「チョコたくさんもらいました」って言ってもいいのに!」「絶対めちゃくちゃモテてたはずなのに、いつも「男子校だから」でこの話題を回避するのズルいよね「笑」」「ファン的には、翔ちゃんの「“モテ伝説”」聞きたいのに」との声が寄せられていました。

「櫻井翔」の本当の「モテエピソード」を公開してしまえば「ファン」も今まで以上に「ショック」を受けてしまうこと間違いないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。