岸優太★馬術でメダル狙えます★背中を押された五輪種目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岸優太★馬術でメダル狙えます★背中を押された五輪種目」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Prince」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「コーナー」「MEDAL RUSH」が放送されました。「6月17~21日」は「岸優太」が登場し、「馬術」に挑戦しました。




実は以前、同番組で「馬術をやりたい」と希望していた「岸優太」です。ですが、本物の馬を前にすると「岸優太」は「うわ、でっか!」「操れないです、俺」とひるんでしまい、何とも不安な幕開けとなりました。そこでまず、初心者に優しいという白馬の「サクラ」と「コミュニケーション」を取るべく、「ニンジン」や干し草をあげたり、「ブラッシング」をしたりと、さまざまな方法で「“ご機嫌取り”」をした「岸優太」です。そんな作業を経て、ようやく「サクラ」に乗ることができたため、思わず「やっとここに来ましたよ。ここにくるまで、何時間かかったことか」と「ボヤ」いていました。

初めて乗馬したという「岸優太」は、調子に乗って「なんか「“騎士”」になった気分です、「“岸”」だけに」と「ギャグ」を飛ばします。いつもは「ツッコミ」を入れてくれるはずの「スタッフ」も、これは完全に「スルー」します。その後、馬に乗って間もなく、馬術の「プロ選手」に「メダル狙えます」と声をかけられると、「岸優太」は「馬か僕かどっちかわからないじゃないですか、賢いの」と真面目に質問します。今度は「スタッフ」から「いや、馬でしょ」と、しっかり「ツッコミ」が入りました。

乗馬は馬に乗って終わりというわけではなく、馬が走って揺れる「リズム」に合わせるように「立つ・座る」と体を上下させ、人の体にかかる衝撃を少なくするのだといいます。これが「岸優太」いわく「くそムズイ!めちゃめちゃムズイ!」とのことで、悪戦苦闘します。とはいえ、何度も練習しているうちに慣れていき、「気持ちいいっすね、爽快感がスゴイ。すげえ なんですかね、これで壮大な地を駆けめぐりたいですね、はい。楽しいなあ~!」と、どんどん乗馬に「ハマ」ってきた様子でした。




最後は、日本代表選手も着用する正装に着替え、馬に乗って公道を歩くというご褒美をもらった「岸優太」。「眺めだけで素晴らしいですね」と乗馬の楽しさを感じており、「「乗馬の」ライセンスって取れるもんなんですか?」と選手に質問します。すると、「お友達をお誘いの上、「乗馬クラブに」入ってもらって」とちゃっかり勧誘され、思わず「先生が勧誘の人にしか「見えない」」と衝撃を受ける「岸優太」でした。

この日、「スタジオゲスト」として「ZIP!」に出演していた「メンバー」の「永瀬廉」からは、「「ライセンスは」取らせない方がいいです。アイツ、現場に馬できますから!」と言われていましたが、「ファン」からは「ぜひ、ライセンスとって欲しい!」「King&Princeみんなで乗馬クラブに入会したらいいよ「笑」」「岸くんの正装、超かっこよかった!乗馬続けてほしいな」との声が集まっていました。

「ギャグ」を飛ばしながらもの乗馬の楽しさを貪欲に吸収していく「センス」の良さに「ファン」も楽しめたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。