堂本光一★錦織一清 直伝★一番使える護身術★番組スタッフ爆笑

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「堂本光一★錦織一清 直伝★一番使える護身術★番組スタッフ爆笑」の事をお伝えしたいと思います。

「6月22日」に放送された「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」に、「モデル」で「タレント」の「藤田ニコル」が「ゲスト出演」しました。




「ゲストのやりたいことをする」というのが「テーマ」のこの番組です。今回、「藤田ニコル」は「大学に潜入したい!」と「KinKi Kids」に要望しました。「藤田ニコル」は現在「21歳」で大学に通っていないため、同世代と触れ合う機会がないということから「大学のサークルを見たい!」と熱望します。さらに、「よくあるじゃないですか。「“大学No.1”」とか」と大学内の「イケメン」を選ぶ「“ミスターコンテスト”」も気になるようでした。

これを聞いた「堂本光一」は、「我々じゃ足りんという?」と納得いかない様子です。「藤田ニコル」は「いえいえ、そういうわけじゃないです」と「フォロー」するものの、「堂本剛」は「40「歳」のおっさんが何言うてんの?」と、真面目な「トーン」で「堂本光一」に「ツッコミ」を入れていました。

今回潜入したのは、「約1万人」が通う「東京・明大前駅」の「明治大学・和泉キャンパス」でした。早速、「体育会拳法部」の練習に遭遇した一行は、護身術にもなる技を披露してもらうことになります。すると、突然「堂本光一」が「ジャニーズの先輩・ニッキ「少年隊・錦織一清」さんから教えてもらった、一番使える護身術」があるといい、その場で実演します。路上を歩く「堂本光一」の手を「藤田ニコル」が引っ張ると、「堂本光一」は大声で「助けてー!!」と絶叫します。「錦織一清」いわく、大声で助けを求めるのが「一番使える護身術」だそうで、これには拳法部員も「番組スタッフ」も大爆笑します。一方、「堂本剛」は思わず「なんだよそれ。ショートネタみたいなのやめろや」と「ボヤ」くのでした。




その後、「クイズサークル」や「キックボクシング部」をめぐり、舞踏研究部で「競技ダンス」の練習していた「男女ペア」を直撃します。「KinKi Kids」が話を聞く中で、「競技ダンス」の採点の「ポイント」は「カップル感」だと教えられます。すると「藤田ニコル」が「お2人もダンスやってますよね?カップル感「が見たい」」と、「KinKi Kids」に「リクエスト」します。「堂本剛」は「そんなんもう、簡単ですよ!」と言いながら「堂本光一」の片手を取り、お互いの右胸と左胸を合わせる激しい「ダンス」を披露した後、「堂本光一」は「ハートとハートが触れ合った!」と興奮気味に語っていました。

この放送に、「ネット」上では「いきなりカップル感出してくるKinKi Kids、最高!」「にこるん、KinKiファンのことわかってんなこれ ありがとうございます!」と、「藤田ニコル」の「ムチャ」ぶりに感謝する「ファン」の「コメント」が届きます。また、「堂本光一」が披露した「錦織一清」の護身術については、「それまだ覚えてたんだ、懐かしい!」「光一さんの記憶力すごいな!?」などの反応が集まりました。というのも、「KinKi Kids」が司会を務めていた音楽番組「LOVE LOVE あいしてる」「フジテレビ系、1996~2001年」に「少年隊」が「ゲスト出演」した際、「錦織一清」が「“武術”」を習っているという話から、護身術の話題に発展していたのです。思いがけず懐かしい話が飛び出し、「ファン」も驚いていたようですね。

大声を出して助けを求めることは護身術に置いて基本中の基本なのかも知れませんね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました