大倉忠義★FabulousSisters★お金を払ったら入れる★直球質問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★FabulousSisters★お金を払ったら入れる★直球質問」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」がさまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「6月23日」の放送は、「世界的パフォーマンスチーム・s**t kingz」、「米ダンス世界大会2連覇」の「女性ジャズダンスグループ・FabulousSisters」、「ヒップホップ・ダンス」の世界大会で「3度」の優勝経験がある「10代」の「ダンスチーム・KANA-BOON!」を迎え、「日本のフォーメーションダンス」特集が行われました。

「スタジオ」では、「FabulousSisters」が一糸乱れぬ「フォーメーションダンス」を披露し、「13人」の細かな動きが乱れることなく揃った圧巻の「パフォーマンス」に、「スタジオ」からは「うわ~!」「どうなってるの!?」と驚きの声が漏れます。出演者の「古田新太」が「バミリしてないのに何で「自分の位置が」わかるの?」と質問したところ、「メンバー」からは「感覚です」という答えが。これを聞き、「大倉忠義」が「「それになれ」って言われたら、すぐになれるんですね?」と「ムチャ」振りし、最後の「パート」を再現してもらうことになりました。




すると、一瞬で「フォーメーション」を形成し、音楽も流れていない状態で、見事な「ダンス」を披露した「FabulousSisters」でした。「丸山隆平」は「うわ、音楽なしやで!息で「合わせて」やってる」と驚愕しており、「横山裕」も「どれぐらい練習してるんですか?」と興味津々です。

中でも「大倉忠義」は、「“チーム入り”」を目論んでいるようで「どうやったら入れるんですか?」と直球な質問を投げかけます。「村上信五」が「入るの!?」と「ツッコミ」を入れるも、「お金を払ったら入れるんですか?」と「大倉忠義」の質問は続きます。ですが、「オーディション」で新しい「メンバー」が決まることが明らかになると、「ダメだ」とすんなり諦めたのでした。

続いて「KANA-BOON!」も、激しい「アクロバット」を交えた「パフォーマンス」を披露します。世界大会の厳しい「ダンス」の審査基準に合わせ、「3つ」以上の「ジャンル」の「ダンス」を組み合わせたり、細かな制約が決められた動きの中で振り付けや音楽を決めていくなど、世界で戦うには大変なことも多いといいます。




そこで「村上信五」が「理念みたいなものはあるんですか?KANA-BOON!のチームとしての」と質問すると、「リーダー」は「生活面を一番重要視している」と回答します。中高生のみで構成された「グループ」のため、「挨拶と礼儀」を大事にしているようですが、食生活についても「根菜を「食べたり」」と、まさに日常生活から気を配っているのだそうです。

「夏とかは、世界大会8月なんですけど その追い込みの時期は、アイスなんてもってのほかですし」と「リーダー」が話し始めると、これに「村上信五」は「おいおいおい!「“チョコモナカジャンボ”」食うてくれ!」と、「関ジャニ∞」が「CM」に出演している「アイス」の名前を出して抗議します。これには、「KANA-BOON!」も手を叩いて爆笑しており、「スタジオ」が笑いに包まれていたのでした。

今回の放送は「ジャニーズファン」にとっても興味深かったようで、「ネット」上には「ダンスめちゃくちゃカッコよかった!関ジャニ∞にも踊ってほしい!」「こんなにダンスをじっくり見るのって初めてかも。「関ジャム」本当に面白いなあ」「「関ジャム」楽しい~!私もあんな感じで踊れたらいいのに「笑」」との声が寄せられていました。

「大倉忠義」の考えそうな「おぼっちゃま君」的な発想が見え隠れしてしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。