村上信五★人脈は買えない★金言披露★マツコ・デラックス沈黙の事態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★人脈は買えない★金言披露★マツコ・デラックス沈黙の事態」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・村上信五」が司会を務める「バラエティ番組」「月曜から夜ふかし」「日本テレビ系、6月25日深夜放送」にて、「村上信五」から若い世代に向けた「“名言”」が飛び出しました。

「全国の鳥問題を調査した件」という「トークテーマ」にて、「日本野鳥の会」に取材を申し込んだ「番組スタッフ」です。そもそもどういった組織なのか、会長自ら説明をしてくれるとのことで、「VTR」には「日本野鳥の会・会長」でもある、俳優の「柳生博」が出演しました。




「柳生博」は「日本野鳥の会」について「野鳥の会ってすごい地主なんだよ。野鳥保護区って、今3,000ヘクタール「ある」」と、同会で広大な土地を所有しているのだと説明します。保護区で鳥の「調査・研究」を行いながら、野鳥を保護するため、全国に「日本野鳥の会」が持つ土地があるのだといいます。その気になる資金源は、「政府からお金もらってないからね、一切。いろんな人から寄付をいただく」とのことで、すべて寄付によって成り立っているそうです。土地には寄付をした人の名前を付け、「○○野鳥保護区」とされることも明かされました。

そこで「柳生博」は、「村上信五」に寄付を求めるかのように「村上野鳥保護地区」という名前を提案します。「スタッフ」が寄付額を聞くと、「柳生博」は「100万円あれば」と具体的な金額を提示し、「村上くんだったらね、今日の稼ぎでいけるんじゃない?」と満面の笑みです。一方の「村上信五」は、「会長!ちょっと、会長!?」と「ワイプ」から焦った表情を見せていました。

金の話となると、「“村上イジリ”」が炸裂する同番組ですが、この日は「若い頃の自分に伝えたいことランキングが発表された件」の「コーナー」でも、「村上信五」が「イジ」られることになります。この「ランキング」の「第1位」は「外国語を学べ」だったのですが、「マツコ・デラックス」は「翻訳機とかすごく良いの出てきてるじゃん。それでもまだ学ばなきゃダメかな?」と、この結果に納得いかない様子です。「マツコ・デラックス」としては、「第3位」の「人脈を広げておけ」の方が、今の若者に伝えたいのだそうです。




これに対して「村上信五」も、「と、思うなあ~」と同意します。そして、「人脈は買えないしね!」と力強く言い放つも、「マツコ・デラックス」はなぜか数秒間沈黙します。「村上信五」が焦って「いやいや、そうやんか!?」と言うと、やっとのことで「マツコ・デラックス」は「さ〜すがだね〜」と、小声でわざとらしく感嘆します。それに笑いながら、「やめてえー!」と叫ぶ「村上信五」でしたが、観覧客から「ダメ」押しの拍手喝采を浴び、ますます居心地悪そうにしていたのでした。

金の話だけではなく、「“名言”」まで飛び出した今回の「村上信五」です。次回の放送は何を「ネタ」に「イジ」られるのでしょうか。

「トップアイドル」にまで昇り詰めた「村上信五」からの「金言」は後輩たちにも伝わってほしいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。