嵐★ARASHI 5×20 All the BEST!! 1999-2019★初日72万枚売り上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「嵐★ARASHI 5×20 All the BEST!! 1999-2019★初日72万枚売り上げ」の事をお伝えしたいと思います。

「CDデビュー20周年」を記念した「嵐」の「ベストアルバム」「ARASHI 5×20 All the BEST!! 1999-2019」「6月26日発売」が、「25日付」の「オリコンデイリーアルバムランキング」で「初登場1位」を獲得しました。初日でなんと「72万8,674枚」を売り上げ、爆発的な「大ヒット」を飛ばしています。「週間データ」が出るまでに「ミリオンセラー」「100万枚」に届く可能性もあるほど、幸先良い「スタート」を切りました。

今作は「初回限定盤1、2」と通常盤の「3形態」での販売となっています。「デビューシングル」「A・RA・SHI」から「最新シングル」「君のうた」の「シングル全表題曲63曲」と、「20周年」の「アニバーサリーソング」「5×20」を含めた「計64曲」を収録しています。「初回限定盤1」は「5×20」の「ビデオクリップ、メイキング」を収録した「豪華スペシャルパッケージ仕様」になっており、「初回限定盤2」も特典映像として「歴代コンサート」の楽曲を抜粋した「LIVE映像集」「ARASHI LIVE CLIPS」が入っているといいます。「嵐ファン」ならば全形態揃えたい内容とあって、購入者が殺到したのでしょう。




「嵐」は「CDデビュー10周年」の「2009年」にも「ベストアルバム」「All the BEST! 1999-2009」を「リリース」しています。この時は発売初日に「26.1万枚」を売り上げ、「初週75.3万枚」を記録しました。発売からわずか「13日目」で「ミリオン」「100.4万枚」を達成していました。今回の「ARASHI 5×20 All the BEST!! 1999-2019」は、「10年前」の「All the BEST! 1999-2009」が「約1週間」で「マーク」した「75.3万枚」に迫る勢いを見せています。

ここ「5年以内」に発売された「他グループ」の主な「ベストアルバム」の初日売り上げと比較すると、「V6」の「20周年記念アルバム」「SUPER Very best」「2015年7月発売」は「9万5,666枚」、「KAT-TUN初」の「ベストアルバム」「KAT-TUN/ 10TH ANNIVERSARY BEST“10Ks!”」「2016年3月発売」も「8万6,560枚」と「1ケタ」発進でした。また、「Hey!Say!JUMP 2007-2017 I/O」「2017年7月発売」は「16万7,958枚」、「KinKi Kids」の「20周年記念ベストアルバム」「The BEST」「2017年12月発売」が「10万1,690枚」、「関ジャニ∞」の「GR8EST」「2018年5月発売」は「2018万9,557枚」となっています。さらに、「グループ解散前」に発表した「アルバム2作」では、「SMAP 25 YEARS」「2016年12月発売」は初日で「26.8万枚」、「タッキー&翼」にとって最後の作品となった「ベストアルバム」「Thanks Two you」「2018年12月発売」の滑り出しは「1万9,586枚」でした。

「嵐」は来年末をもって「グループ活動」を休止するだけに、今年はこれまでにはないほど、多くの音楽番組への参加を控えています。先陣を切ったのは、「テレ東音楽祭2019」「6月26日放送」で、「嵐」になってから「グループ」で初めて「テレビ東京」の番組に出演しています。「櫻井翔」が総合司会を務める「THE MUSIC DAY 2019 ~時代~」「日本テレビ系、7月6日放送」や、常連の「2019 FNSうたの夏まつり」「フジテレビ系、同24日放送」はもちろん、「SONGS」「NHK、6月29日放送」に加えて、「14年」ぶりに「COUNT DOWN TV」「TBS系、同」に帰ってくるといいます。特に「ジャニーズファン」に衝撃を与えたのが、「元SMAP・中居正広」が「TBS」の「安住紳一郎アナウンサー」と総合司会を担当する「音楽の日」「TBS系、7月13日放送」への初登場が決まったことです。




「中居正広」と「嵐」の絡みといえば、かつて放送されていた「うたばん」「TBS系」での「“下克上コント”」を思い出す人も多いでしょう。普段は物静かな「大野智」が、先輩の「中居正広」に暴言を吐いて「ケンカ」を吹っかけ、ほかの「嵐メンバー」らが止めに入る といったやりとりが好評でした。ですが、「SMAP」と「嵐メンバー」は「10年」ほど前から番組共演が少なくなり、「NHK紅白歌合戦」などの大型歌番組で同じ「ステージ」に立つ程度となりました。「2013年」の「ミュージックステーション」「テレビ朝日系」で「2組」が久しぶりに共演し、「下剋上コント」が復活した際は、双方の「ファン」が大喜びしていました。

こうした経緯もあり、「ジャニーズファン」は「また中居くんと大野くんの絡みが見れるのかと思うと、ワクワクする」「嵐が「音楽の日」に出るの念願だった。やった~!」「中居くんと嵐の久しぶりの共演、楽しみすぎる」と、期待に胸を躍らせています。かたや、「SMAPファン」は解散騒動の影響で「ジャニーズタレント」に否定的な感情を抱く人も少くないようで、「嵐」をはじめ「11組」が出演すると知り、「「音楽の日」は毎年見てたけど、今年は見ない。嵐まで出して、ただのジャニーズ番組になって気分が悪い」「急にジャニーズ入れてきて一気に安っぽい音楽番組になった」「「音楽の日」に11組って、ジャニーズ音楽祭かよ」と、辛らつな反応が上がってしまいました。とはいえ、「ネガティブ」な声は一部のみで、「中居正広」と「嵐」の「トーク」を待ちわびている「ファン」がほとんどでしょう。

「嵐」に関しては、「7月1日」より「東京・ソニーミュージック六本木ミュージアム」で「ARASHI EXHIBITION “JOURNEY” 嵐を旅する展覧会」「東京は11月30日まで」が「スタート」します。今後は「5人」での「テレビ露出」が増える上に「イベント」も待ち構えているだけに、しばらくは「ファン」にとっても楽しい期間が続きそうですね。

活動休止まで「約1年半」となってしまいましたが「嵐メンバー」の音楽番組出演での雄姿を少しでも脳裏に焼き付けておきたいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。