藤ヶ谷大輔&横尾渉★30代ジャニーズの苦悩告白★新人っぽさ求められる

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「藤ヶ谷大輔&横尾渉★30代ジャニーズの苦悩告白★新人っぽさ求められる」の事をお伝えしたいと思います。

「6月26日深夜放送」の「ラジオ」「Kis‐My‐Ft2のキスマイRadio」「文化放送」に、「Kis‐My‐Ft2・横尾渉」と「藤ヶ谷太輔」が登場しました。「バラエティ」を主戦場としている彼らならではの「“苦悩”」について明かされました。

この日は、番組冒頭で「Kis-My-Ft2」の「レギュラー番組」「キスマイ超BUSAIKU!?」「フジテレビ系」の話題が取り上げられました。「テーマ」に沿った「“カッコイイ対応”」を「メンバー」自ら考えて実演し、順位を競う番組ですが、「リスナー」から「「真ん中の順位である」4、5位でも安心してるのでは?」という指摘が寄せられました。これに「横尾渡」は「安心はしてるよ」と、「キッパリ」答えます。




「2人」は「4、5位でも悔しがった方がいいのでは?」という「メッセージ」だと受け取ったようで、中間順位でもあまり「リアクション」を取らない理由について説明しました。「藤ヶ谷大輔」によると「やっぱりバランス見ますよね。5位になった時に「“この世の終わり”」みたいなリアクションしちゃうと、次の6位、7位も残ってるから」とのことで、全体の「バランス」を見て、「メンバー」それぞれが反応しているといいます。これには「横尾渉」も「そういう意味で言うと、チームプレー」と同調しました。

特に、下位になりやすい「二階堂高嗣」は、自分が最下位になりそうな「ランキング」では、順位が出る前から大きな「リアクション」を取っているらしく、その姿を見て「横尾渉」は「ある程度リアクション「の大きさ」を上げたりする」のだそうです。そうすることで、「二階堂高嗣」が最下位になってさらに激しい「リアクション」をしても、放心状態になったとしても、笑いが起こるのだと「“作戦”」が語られました。

この流れで「藤ヶ谷大輔」は、「難しいよね、本当。俺、バラエティってめちゃめちゃ難しいと思って。空気読むことがものすごく重要じゃないですか。そこはホント難しいかな」と本音を吐露します。一方で「そういう意味では、ハマった時のチームプレーっていうのは、キスマイらしくていいな」とも語っており、「藤ヶ谷大輔」は「そういう「チームプレーを」感じながら見てみるのも、楽しみの一つかな」と解説していました。




その後、今月「25日」に「32歳」になったばかりの「藤ヶ谷大輔」が、「“大人な姿”」を見せていきたいと宣言します。ですが、今でも「バラエティ」では「ちょっと待ってくださいよ!」と叫ぶような、「“新人”」の振る舞いを求められることが多いそうです。そんな現状に「藤ヶ谷大輔」は、「ずっとこれをやるのかな?」と悩むこともあるといいます。「横尾渉」も「新人なのか、中堅なのか」と自分たちの立ち位置に迷っているような発言をしつつ、「経験があるからこそ見せちゃいけない部分がある。「“新人っぽさ”」を出さなきゃいけないじゃん?」と「コメント」しました。

「難しいなって思う」「横尾」「やっぱバカなふりするのがベストな時と」「藤ヶ谷」と頭を抱えてしまう「2人」でしたが、最終的には、「藤ヶ谷大輔」が「キスマイって、「“身近なアイドル”」」だとまとめていました。「30代アイドル」が直面している、「リアル」な悩みが明かされた放送となっていました。

「バラエティ番組」ならではの「キスマイメンバー」の立ち振る舞いの苦しさが垣間見えたように感じますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました