村上信五★音楽家とのコラボ披露★美しい&感動した★ファンの声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★音楽家とのコラボ披露★美しい&感動した★ファンの声」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」がさまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「6月30日」の放送では、「東京藝術大学」特集が行われ、「ゲスト」には同大学の器楽科卒で「バイオリニスト」の「NAOTO」、声楽科卒で「カウンターテナー」の「彌勒忠史」、音楽環境創造科卒で「音楽プロデューサー」の「もふくちゃん」が出演しました。




大学内に番組の「カメラ」が潜入し、授業の様子などが放送されましたが、「スタジオ」では卒業生の「3人」が、さらに詳しく解説を行いました。校内には、「学生用練習室」と呼ばれている個室が「100室」ほどありますが、「1カ月前」に予約しなければいけないほど、利用者が多いのだといいます。個室に入れなかった学生はというと、「休憩スペース」などを利用して練習をするそうですが、「大倉忠義」は「声楽科って部屋とかいるんですか?川辺とかじゃダメなんですか?」と質問しました。

この質問に声楽科卒の「彌勒忠史」は苦笑いしつつ、不動産屋に「楽器のうるさいランキング」があると話し出します。その「ランキング」によると、振動が発生する「ドラム」などの打楽器が「“最もうるさい”」「1位」とされ、「2位」は「訓練された歌」、「3位」が金管楽器なのだそうです。「彌勒忠史」によると、自宅でこれらを練習すると伝えた場合、「音大で訓練された人たちは、不動産貸せません」と断られてしまうことがあるそうです。それほど大きな音となるため、「大倉忠義」が提案した「川辺での練習」は、声楽科の生徒としては大変やりにくいようです。

この裏話には、「村上信五」が「「芸能人お断り」はありますけど、訓練された歌もダメなんだ!」と驚いており、歌声が理由で家が借りられないという例は初耳だった様子です。「他メンバー」も「え~!?」「すげえ!」と衝撃を受けていました。




そんな中で「ファン」が最も注目していたのが、「ヴォーカル・彌勒忠史、ヴァイオリン・NAOTO」と一緒に「ミュージカル」「レ・ミゼラブル」の名曲「夢やぶれて-I DREAMED A DREAM-」に、「ピアノ演奏」で参加した「村上信五」。普段は「ゲスト」と「関ジャニ∞メンバー数人」で「コラボレーション」をしていますが、今回は「村上信五」「1人」で「プロ」の音楽家と対峙し、堂々とした演奏を繰り広げていました。

放送を見ていた「ファン」からは、「村上さんのセッション最高でした。3人の奏でる音が美しい!」「村上くん、本当にピアノ上達したんだなと思った。プロの方々と一緒に演奏できるなんて本当にすごい」「村上さんの指先から奏でられる音の流れに、今日はとりわけ感動した。演奏する姿も輝いてた!」など、感動の声が多数上がっていました。

一流音楽家との「コラボ演奏」ができる「村上信五」の魅力に「ファン」も「メロメロ」になりますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。