高橋海人★石島雄介選手にうざい発言★とても不快&苦言相次ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「高橋海人★石島雄介選手にうざい発言★とても不快&苦言相次ぐ」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Prince」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「コーナー」「MEDAL RUSH」が放送されました。「7月1~4日」は、「高橋海人」が「ビーチバレー」に挑戦しました。

今回「高橋海人」に指導してくれたのは、北京五輪などで「男子バレーボール日本代表」として活躍し、現在は「ビーチバレー」を舞台にしている、「石島雄介選手」です。室内で行うバ「レーボール」が「6人」で「1チーム」なのに対し、外で行う「ビーチバレー」では「2人」のみです。そのため、「コート」が小さくなるという違いもあると説明されました。




さらに、「ビーチバレー」では「ラリー」が続きやすいように「“内圧低め”」「少し空気が抜けた状態」の柔らかい「ボール」を使用するそうで、「石島雄介選手」いわく「室内バレーよりスピードが出にくい。「飛んでくるボールに印刷されている」文字が見えるくらいの感覚です。簡単だと思います」とのことでしたが、いざ「高橋海人」が「石島雄介選手」の「アタック」を受けてみると、あまりの力強さに「うわあ!」と衝撃を受けます。

そんな「高橋海人」は「同コーナー」において、指導してくれる「プロ選手」とすぐに打ち解け、毎回息の合ったやり取りを見せています。今回も、「高橋海人」が「サーブを制す者はバレーボールを制す」と「“格言っぽい”」発言をすると、「石島雄介選手」が「初耳ですね」と「ツッコミ」ます。さらに、「ボール」を天高く上げる「“スカイサーブ”」の練習で、「高橋海人」がゆるい「サーブ」を打つと、「石島雄介選手」が再び「ちょいちょいちょい!」と茶々を入れるなど、「2人」はなかなかいい「コンビネーション」を見せていました。

そして、最後は「ビーチボール」を学ぶ若手選手を加え、「石島チームVS高橋チーム」で対決することになりました。「プロ」の選手が相手とあって「僕から1点取れたら勝ち」と、「石島雄介選手」は自ら「高橋海人」に「ハンデ」を与え、「“1点マッチ勝負”」となりました。ですが、さすがにこれはやりすぎたのか、「高橋海人」が打った普通の「サーブ」すら取ることができず、まさかの「石島チーム」が敗北しました。




これには「ちょっと今、「“スカイサーブ”」じゃなかったもん!上見たら下に球がきちゃったから」と、「石島雄介選手」が言い訳します。「じゃあ、3点にしましょ!」という「石島雄介選手」のわがままを聞き、もう一度「“泣きの3点マッチ”」が行われることとなりました。

試合中、「石島雄介選手」は「高橋海人」の「ミス」に対し「ッシャー!」と歓喜するなど勢いを見せ、負けず嫌いの「高橋海人」は、思わず「くっそー!マジうざい!」と暴言を発します。ですが、最終的には「高橋チーム」が勝利し、「楽しいっすね!」と満面の笑みに。「石島雄介選手」からは「東京「オリンピック」、一緒に頑張りましょう!」と「“スカウト”」され、大爆笑していた「高橋海人」でした。

この放送に「ファン」からは「海ちゃんと石島さんのコンビ、見てて楽しかった~」「石島選手のノリがよくて、海人くんがずっと笑顔だったね。超かわいかった!」などの声が。ですが、「高橋海人」の「マジうざい」という暴言に対しては、視聴者から「「マジうざい』はないでしょ あなた、教えてもらってる立場だよ?」「ジャニーズって、人として幼い人が多いの?見ていてとても不快」「スポーツ選手に敬意がないから、このコーナーやめたら?」との指摘も見受けられました。

いくら番組企画とはいえ「高橋海人」の「マジうざい」発言一社会人として許されることではないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。