ジャニーズJr.★闇営業の注意喚起★ギャラ飲み参加者★狙われるJr.たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「ジャニーズJr.★闇営業の注意喚起★ギャラ飲み参加者★狙われるJr.たち」の事をお伝えしたいと思います。

一部の「ジャニーズ事務所所属タレント」に対して、事務所関係者から「“夜遊び”」に関する注意喚起が行われているといいます。昨年「6月、NEWS・小山慶一郎」と「加藤シゲアキ」が関与した「未成年女性との飲酒同席騒動」が明るみになった際にも、同様の注意喚起がされたといいますが、今回「ジャニーズサイド」は、多くの芸人が謹慎となった「“闇営業騒動”」に鑑みて、このような対応を取ったとみられています。

「6月、吉本興業」を中心とした複数の芸人が、「詐欺グループ」や暴力団など反社会的勢力の関係者が催す宴席に、闇営業として参加していたことが発覚しました。その後、一斉に謹慎という前代未聞の事態が勃発しました。これには多くの「芸能プロダクション」が、「もしや自分たちの所属タレントも」と身震いしているといいます。

そんな中、複数の「ジャニーズJr.」が「事務所から、飲み会参加を自粛するように言われた」とささやき合うようになったようです。当初は「Jr.」たちは、先月緊急入院した「ジャニー喜多川社長」の病状について、「マスコミ」から直接取材を受けることがないよう、「不用心に夜の街を出歩いてはいけない」といった意味合いの措置だと考えていたようです。




ですが、「ジャニー喜多川社長」の入院が正式発表され、「Jr.」が「マスコミ」から直撃される心配がなくなってもなお、事務所関係者は「ピリピリムード」のまま。次第に「Jr.」たちも、「ジャニーズ関係者」が恐れているのは、「闇営業問題」だと考えるようになったといいます。

「中居正広」が「6月30日」放送の「ワイドナショー」「フジテレビ系」で話していたように、「ジャニーズ」では闇営業どころか、普通の「バイト」など副業は一切禁止されています。それでも、彼らが他者から金銭を受領する機会があるとすれば、一時期話題になった「“ギャラ飲み”」「参加することで謝礼が支払われる飲み会」が想定されます。

駆け出しの「女性アイドル」が参加する「イメージ」の強い「“ギャラ飲み”」ですが、主催者側が「女性アイドル」を集めるために、「「男性アイドルも来るよ」という誘い文句を使うことがある」そうです。

結局、「ジャニーズタレント」の参加者はいなかったということもあるそうですが、中には本当に「有名ジャニーズ」が、「ギャラ飲み」に「 “客寄せパンダ”」として参加していました、なんて話も耳にしたことがあります。見返りとして、主催者が金銭を渡していたかは定かではないのですが、お金を払ってでも「ジャニーズ」に来てもらいたいという人はいるでしょう。




もしその飲み会の主催者が、反社会的勢力であったとすれば、現在の芸能界の状況から考えて、「謹慎でも済まないほどのスキャンダルに発展する可能性もある」とのことです。

以前、「NEWS・手越祐也」と金塊強盗犯の写真が「SNS」で拡散される騒動がありました。これがもし、闇営業騒動が取り沙汰される今起こったとしたら、どうなっていたことか。当時、事務所は「本人も、軽率だったと反省している」との「コメント」を出しましたが、それだけでは済まないかもしれません。

「ジャニーズ側」の指導は「飲み会参加には気をつけるように、という程度。飲み会に出るなと強制するものではないようです」といいますが、吉本芸人のような「大トラブル」に巻き込まれてしまわないことを祈るばかりですね。

右も左も分からない年頃の「Jr.」たちにとっては非常に危険な闇の世界に変わりはないですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。