伊野尾慧★からあげいただきピッタリ21★早々にギブアップ宣言の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★からあげいただきピッタリ2★早々にギブアップ宣言の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系、7月6日放送」は、「伊野尾慧&知念侑李チームVS高木雄也&八乙女光チーム」で対戦する「グルメブラックジャック!激ウマからあげいただきピッタリ21」という企画が行われました。

同企画は、都内にあるから揚げの名店を「JUMPメンバー」が訪れ、一皿の個数を予想しつつ実食します。制限時間「4時間」で、注文したから揚げの合計数が「21個」に近いほうが勝利という「ゲーム」です。




「伊野尾慧&知念侑李チーム」がまず最初に訪れたのは、原宿にあるおしゃれな「レストラン」「バターミルクチャネル」でした。「伊野尾慧」はから揚げの数を「2個」と予想しますが、店の「人気ナンバーワン」である「バターミルクフライドチキン」は、一皿「2個」と見事正解します。「ほら見て。予想通り、バッチリ2個。読み通り」と、「伊野尾慧」も「“ドヤ顔”」をしており、幸先の良い「スタート」となりました。

ですが、その後訪れた渋谷の居酒屋「腹八分目」では、「8個」と予想したものの、正解は「3個」と「大ハズレ」です。しかも、「1個」のから揚げの大きさが非常に大きかったことから、食べている途中で「ギブアップです!」と、「伊野尾慧」が白旗を上げてしまいます。別の店でもから揚げ「6個」を食し、合計「11個」になったところで、最後の店「とり多津」へ向かうことになりました。

一方、「高木雄也&八乙女光チーム」は、新大久保にある韓国料理屋を訪れ、「パネチキン」を注文します。「高木雄也」はこれを一皿「10個」と予想しますが、正解は「8個」でした。続いて、池袋にある「ジョニーのからあげ」で「砂肝のからあげ」を頼むものの、この「オーダー」で合計個数が「21個」を超えてしまい、あえなく「ドボン」。「10個」から「カウント」し直すことになってしまい、「高木雄也」は思わず「最悪だ!」と叫んでいました。

次も池袋にある「がブリチキン。」を訪れた「高木雄也&八乙女光チーム」は、「骨なしもも」「4個」を実食します。ここで「高木雄也」は「トッピング」の「“激辛パウダー”」を大量にから揚げへ振りかけ、豪快に食べる「パフォーマンス」を見せたものの、「辛い!」と悶絶しました。「八乙女光」は、勝手に大盛り上がりしている「高木雄也」に「一人バラエティするな!」と、「ツッコ」んでいたのでした。




最後に「高木雄也チーム」が向かったのは、幡ヶ谷にある定食屋「とりあん」でした。ここではから揚げ定食に、「トッピング」として「1個」からから揚げが追加できるという。現在食べたから揚げの数は「14個」ということで、あと「7個」で「21個」になります。そんな重要な局面で、「高木雄也」の予想が「定食に4個、トッピングは3個」、「八乙女光」の予想が「定食に5個、トッピングは2個」と、「トッピング数」が微妙に食い違ってしまいます。

「八乙女光」の予想に沿って「オーダー」したものの、定食にはから揚げが「4個」乗っていたため、「高木雄也」の「トッピング3個」の予想を選んでいたら、見事「21個」で「ブラックジャック」になっていたことが判明します。勝負の結末はというと、「伊野尾慧&知念侑李チーム」が最後に訪れた店「とり多津」で「ピッタリ」合計「21個」を出し、勝利を収めたのでした。

この放送に「ネット」上では、「伊野尾くんのギブアップが早すぎて爆笑した」「から揚げ食べてるだけなのにJUMPがずっとかわいくて最高だった!」「どっちのコンビもボケとツッコミみたいな感じでよかった。またこの企画やってほしい!」などの「コメント」が投稿されていました。

いくら若い「伊野尾慧」だからといっても大きい唐揚げを目の前にすれば「ギブアップ宣言」してしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。