ジャニー喜多川氏死去★鮎川太陽&浅香航大&米花剛史★追悼&感謝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「ジャニー喜多川氏死去★鮎川太陽&浅香航大&米花剛史★追悼&感謝」の事をお伝えしたいと思います。

多くの「タレント」や「ファン」、関係者に愛された「ジャニーズ事務所」の「ジャニー喜多川社長」が、「7月9日」に天国へと旅立ちました。「ジャニー喜多川社長」は「6月18日」に体調の異変を訴え、緊急搬送された後に入院となりました。連日、「タレント」たちがお見舞いに駆けつける間も必死に病と闘っていましたが、「7月9日午後4時47分」に人生の幕を下ろしたといいます。死因は「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」で、「享年87歳」でした。世間に衝撃が走る中、かつて同事務所に所属した「タレント」たちも、「SNS」などで哀悼の意を表しています。

数々の「スター」を輩出し、「“稀代の天才プロデューサー”」と言われた「ジャニー喜多川社長」です。「タレント」を「YOU」と呼ぶ癖は「ファン」でなくとも広く知られており、「ジャニー喜多川社長」の逸話や、天然な一面といったお茶目な伝説は数知れずとなっています。周囲の人に愛される存在だっただけに、訃報が伝えられた後は「元フォーリーブス・おりも政夫、元シブがき隊メンバー、野村義男、元KAT-TUN・田中聖」ら、多数の「“元ジャニ”」たちが「SNS」や所属事務所を通じて「コメント」を発表しました。




「元男闘呼組・前田耕陽」は、「10日」に更新した自身の「ブログ」で、「ジャニー喜多川社長」について「僕の人生の方向性を決めてくれた恩人であり、師であり父親のような存在」と前置きしながら、「ジャニーズ事務所を退所してからお会いした時にも、それまでと全く変わらず接してくれました その時にジャニーさんがかけてくれた言葉を今でも大切にしています」と、懐の深さに感謝しています。「2012年」に退所した「元ジャニーズJr.内ユニット・Musical Academy」の「米花剛史」は「インスタグラム」に「ジャニー喜多川社長」の写真を「アップ」し、「この人と出会わなければ今の自分はいない。初めてオーディションでジャニーさんに会った時の事は今でもはっきり覚えてる。「YOU踊り上手いからこの子を見て覚えな。」そう言って指指したのが大野くんだった」と、「嵐・大野智」と対面した際の「エピソード」を回顧しました。

また、「米花剛史」は最後に「ジャニー喜多川社長」と会ったのは退所の報告をした「7年前」だったと振り返り、「ジャニーさんは「自分が後悔しない人生を送りなさい。」と言ってくれた。僕は17年しかお世話にならなかったけど、出会えた事が自分にとっての転機だったんだと思う」「あんなに才能に溢れていて努力家の人は他にいない」と、故人を悼びました。

一方で、「トランペット演奏」を得意とした「“トランピー”」こと「元Jr.」の「石田直也」も「インスタグラム」の「ストーリー機能」を使って長文の思い出話を公開しました。「石田直也」は「2018年3月末」をもって事務所を去りましたが、「ジャニー喜多川社長」は辞めた後も彼に電話をかけ、「You最近見てないけどなにしてるの?」と、尋ねてきたといいます。「石田直也」が「もうジャニーズJr.は辞めたよ」と告げると、「ジャニー喜多川社長」は「それはそうだけども」と、返答したそうです。以降も公演への誘いを受けたといい、「年が明けて元日に電話をしたら「今帝劇やってるからおいでよ」と。「1/2」に早速行くとジャニーさんと久々に会えて嬉しかった。相変わらず元気で本当にほっとした。いつも通りお話ししてくれて、元気がでました」と、年始に帝国劇場で再開を果たしたことを明かしました。

「石田直也」は「お腹いっぱいになるまで美味しいご飯を食べさせてくれた」とつづったほか、ある時は顔色を見て体調を気遣い、自ら医師に電話をかけて薬を用意してくれた話などを回想しました。海外に行くと伝えたところ、本を持たせてくれたり、「美味しいご飯食べて、お土産いっぱい買わないと」と、お小遣いをもらったこともあったといいます。「事務所を辞めてからも会議でトランピーみたいに海外にどんどんいかないとって言ってくれてたみたい」とも書いており、「ジャニー喜多川社長」は「石田直也」の「トランペット技術」や、若くして積極的に海外に目を向ける姿勢を気に入っていたのでしょう。また、「石田直也」だけでなく、「元Jr.」の「田中斗希」が「Twitter」で「ジャニーさんには何度もわがまま言って事務所に戻してもらった」と触れているように、「ジャニー喜多川社長」は自分のもとを離れた子たちにも愛情を注いでいたようです。




「関西Jr.出身」の「室龍太」は現在も「ジャニーズ」内で個人の俳優として活躍の場を広げていますが、かつて「“室3兄弟”」として「ジャニーズ」に所属した「室龍規」と「室将也」はすでに退所しています。それぞれ「Twitter」に「ジャニー喜多川社長」への思いを「ツイート」し、「辞めてからも弟に兄貴元気?と気遣ってくれてたの嬉しかったです」「龍規」「2年前ぐらいに喋ったのが最後かな?昔と変わらず接してくれて本当に嬉しかったです」「将也」と、「ジャニー喜多川社長」の優しい対応に言及しました。

退所後、あまり「“元ジャニーズ・元アイドル”」と打ち出さずに芸能活動を続けている「タレント」たちも、「SNS」で「コメント」しています。現在の「Hey!Say!JUMP・薮宏太&八乙女光」が所属した「Ya-Ya-yah」の「元メンバー」で、今は舞台を中心に活動する「鮎川太陽」は「10日朝」に「Twitter」を更新しました。「過去のことはずっと口に出さないようにしていた。それが俺の生きる道だし、生きる術だったから」と決意を込めた投稿であると示しつつ、「小5から今まで一時だって忘れたことはない。胸が痛い」「今の俺があるのは確実にジャニーさんのおかげです。育ててくれて、ありがとうございました」と、追悼の「メッセージ」を記しました。「Jr.」の頃は「Hey!Say!JUMP・有岡大貴、伊野尾慧、中島裕翔」らと「J.J.Express」の一員だった「俳優・浅香航大」も、「10日朝」の「Twitter」にて「ありがとうございました」と、一言だけお礼の言葉を述べています。名前こそ出していませんが、「タイミング」からしても「ジャニー喜多川社長」への謝意とみて間違いないでしょう。

大勢の「“我が子”」を慈しみ、長年に渡って寄り添ってきた「ジャニー喜多川社長」です。天国でも、彼らの今後を温かい眼差しで見守っていることでしょう。

退所組にも分け隔てなく真摯な態度で接してくれる「ジャニ―喜多川社長」の人柄が伝わってくることに心が和みますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。