丸山隆平★ジャニー喜多川社長にクソ怒られた日★YOU、何やってんだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「丸山隆平★ジャニー喜多川社長にクソ怒られた日★YOU、何やってんだ」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」です。「7月10日」深夜の放送では、「メンバー同士」が「お互いどう思っているか」を赤裸々に語り、素顔をあぶり出す「エンディングコーナー」「指さし道」が行われました。




当然「丸山隆平」は「アウト」になり、そこで試合が終了となりました。この「プレー」に激怒した「ジャニー社長」から、「YOU!何やってんだよ!」と言われたそうで、「ジャニーズなのに踊りとか歌じゃなくて、「“野球”」と「“トーク”」で怒られるっていうねえ しくじってもうたなあ~」と、懐かしそうに「丸山隆平」は振り返っていたのでした。
与えられた「テーマ」に一番当てはまっていると思う人を、一斉に指さすのがこの「コーナー」の「ルール」です。今回は、「関ジャニ∞の中で東京進出時に一番馴染めなかったのは誰?」という「テーマ」が与えられたのですが、全員一致で「丸山隆平」を指さしました。「メンバー」の中で「丸山隆平」の上京が一番遅かった、というのがその理由のようですが、ここで「横山裕」が「1回さ、ジャニーさんに関西ジャニーズJr.としてラジオ呼ばれたの覚えてません?」と、「ジャニー喜多川社長」との「エピソード」を披露します。

「横山裕」によると、「“関西ジャニーズJr.”」として「ラジオ」の仕事をもらったにもかかわらず、「丸山隆平」はなぜか「ラジオ」で「“標準語”」をしゃべり出したのだそうです。「横山裕」が「終わったあと「ジャニー社長に」クソ怒られてたよな!」と暴露すると、「村上信五」も「そのラジオ、二度と呼ばれんかったよな」と回顧しました。

「丸山隆平」本人も「あの時と「野球大会」が一番怒られた!」と、その時のことをはっきり覚えていたようです。「ジャニーズ事務所所属」の「タレント」が一堂に会する「イベント」「ジャニーズ大運動会」で、野球の試合に出場した「丸山隆平」は、「ヒット」を打ったものの、なんと三塁側へ走ってしまったのだそうです。というのも、この日が「丸山隆平」にとって「“人生初の野球”」だったそうで、「ルール」がわかってなかったと説明しました。




当然「丸山隆平」は「アウト」になり、そこで試合が終了となりました。この「プレー」に激怒した「ジャニー社長」から、「YOU!何やってんだよ!」と言われたそうで、「ジャニーズなのに踊りとか歌じゃなくて、「“野球”」と「“トーク”」で怒られるっていうねえ しくじってもうたなあ~」と、懐かしそうに「丸山隆平」は振り返っていたのでした。

奇しくも、「7月9日」に亡くなった「ジャニー社長」との「エピソード」が語られたため、番組を見ていた「ファン」からの反響は大きく、「ネット」上には「今日のこの日にジャニーさんとのエピソードはヤバイ。放送のタイミングすごいな」「ジャニーさん、見てるかな 丸山くんをこれからもよろしくお願いします!」「みんな、ジャニーさんの話をしている時はすっごく笑顔なんだよね。それだけで、ジャニーさんがどんな人だったのかよくわかる」との声が聞かれました。いつものように「メンバー」が面白おかしく話す「ジャニー喜多川社長」との「エピソード」も、この日ばかりは感慨深いものとなったようですね。

野球経験がないのなら「ルール無視」で三塁側に走ってしまうのも仕方がないでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。