相葉雅紀★収録中にコソコソ電話してた★櫻井翔の告発にファン騒然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★収録中にコソコソ電話してた★櫻井翔の告発にファン騒然」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」が、「7月11日」に放送されました。この日の対戦相手は、「三浦春馬主演」の「新ドラマ」「TWO WEEKS」「同、7月16日スタート」「チーム」でした。「嵐チーム」に加わる「プラスワンゲスト」には、「お笑い芸人」の「FUJIWARA・藤本敏史」と「ゆりやんレトリィバァ」が登場しました。




「VS嵐」といえば、「嵐メンバー」にまつわる「“あるある話”」で盛り上がることが恒例になっており、前回の放送では、「二宮和也あるある」が披露されて、大きな話題になりました。今回は「相葉雅紀あるある」が語られ、「ネット」上で盛り上がりを見せていました。

まず「櫻井翔」が「最近減ったけど」と前置きし、「電話って、「“マナーモード”」とか「“サイレントモード”」にできるじゃないですか。だから、電話って必ずしも「かかってきた時に」取らなくていいと思う、留守電もあるし。でも、相葉くんは打ち合わせしてても、何してても、ほぼほぼ電話を取るのね」と暴露します。「櫻井翔」はさらに、「不思議に思った出来事」として、「相葉雅紀」が「コンサート」の打ち合わせ中に、「コソコソ電話をしていた」と明かします。「「うん、うん。ハイ、ハイ、すみません」って。「どうしたの?誰?」って聞いたら、「母ちゃん!」って「答えた」」とのことで、「相葉雅紀」はなんと、仕事中に母親と電話をしていたのだそうです。「櫻井翔」はこれに「母ちゃん、あとでいいじゃん!」と、激しく「ツッコミ」ました。

「櫻井翔」の「“告発”」はまだ続き、「大昔、オープニングトークで「電話に」出たことあったもんね」と、同番組の「2013年1月31日」放送回で、「相葉雅紀」が「ポケット」からおもむろに携帯電話を取り出し、電話し始めたことを回顧します。その時、「コソコソ」と「すみません、いま本番中なんで」と言って電話を切っていましたが、「相葉雅紀」は「ポッケにたまたま携帯が入ってて。あ、鳴ったと思って。「すみません、今「VS嵐」の収録中なんで」って「切った」」と、慌てたように弁解していました。




また、「二宮和也」からは「相葉雅紀」の恥ずかしい「“間違い”」について明かされました。なんでも、「コンビニ」で「“エロ本”」を立ち読みしている「二宮和也」を見つけた「相葉雅紀」が、「な~にエロ本読んでんだよ!」と声を掛けたところ、「全然知らない人」だったのだそうです。この告白に「スタジオ」は騒然となりましたが、「相葉雅紀」は「ニノがエロ本見てるってだけで、俺はうれしくなっちゃって。「今だ!」って」と照れ笑いします。「相葉雅紀」の度を越えた天然ぶりが、次々と明らかになった「“あるある話”」でした。

この日の放送に視聴者からは、「相葉くんってやっぱり、「“純粋”」を絵に描いたような人なんだな!」「収録中に電話出るって普通なら考えられないけど、相葉ちゃんだと「やりそう」って思える不思議「笑」」「ニノがエロ本読んでてうれしくなる相葉ちゃんって 中学生か!」という声が集まりました。

「相葉雅紀」の「天然ぶり」は今に始まったことではないですよね。「ファン」もいつものことだと思っているでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。