永瀬廉★SixTONESを意識した★メンバーのグァッチ行為明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「永瀬廉★SixTONESを意識した★メンバーのグァッチ行為明かす」の事をお伝えしたいと思います。

「King&Prince・永瀬廉」、「先輩全員と仲良くしようと思わない方がいい」悩める「ファン」に助言 「King&Prince・永瀬廉」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「King&Prince 永瀬廉のRadioGARDEN」「文化放送」が、「7月11日」に放送されました。「ファン」の間で「“謎”」とされてきた、「King&Princeメンバー」の「グァッチ」発言について明かされました。

この日はまず、先輩とうまく話せずに悩んでいるという「リスナー」から、「先輩と仲が良い廉くんに、年上の方と距離を縮める方法を教えてもらいたいです」という相談が届きます。これに「あえて「距離を」縮めようとせず、適当に接してるよね。まじで適当に接してる」と、自身の振舞いを振り返る「永瀬廉」です。




最低限の礼儀は守りつつ、「「この人ともっとしゃべりたいな」と思ったら、気を遣わずに適当に 話題とか、適当に話しかけに行くし」と積極的な姿勢でいるそうです。続けて、「あと俺言われるのは、「物理的に人との」距離感が近いみたいやから。そこは僕だけの特性なんでしょうね。僕、意識してないんで。自然と近いから「相手も」嫌じゃないみたいな」と語りました。

一方で「リスナー」には、「先輩の誰とでも仲良くしようとは思わんほうがいいよ。しんどいもん、それ」と「アドバイス」します。そのうえで、「僕はそうやって、関ジャニ∞・大倉「忠義」くんともKis-My-Ft2・玉「森裕太」さんとも 玉さんは仲良くなれたかわからんけども。大倉くんは仲良くなれましたから!」と、実際に距離を縮めた先輩の名前を挙げ、説得力を持たせていました。

また、番組後半では「リスナー」から「King&Princeがずっと使っている「ガッチ」という言葉の意味がわかりません。さらに本当は「グァッチ」と言っているという説は本当ですか?意味が気になっているので教えてほしいです」という質問が届きます。




ですが、聞かれた「永瀬廉」も「マジで謎なんよね」と真意を知らないようで、それもそのはず、「グァッチ」の産みの親は、「神宮寺勇太」なのだそうです。なんでも、「King&Princeメンバー」が取材を受けていた際、「高橋海人」が「“大スベリ”」して「「シーン」って、氷河期くらいの空間」になった時、「神宮寺勇太」が急に「グァッチ」と言ったことでその場が和み、爆笑が起こったという「キッカケ」で、「メンバー」もこの単語を使うようになったといいます。

また、「ジャニーズJr.内ユニット」「SixTONES」が、「コンサート等」で「ズドン!」という掛け声で「ファン」と盛り上がっているのを見て、「神宮寺勇太」と「平野紫耀」が「俺らにもそういうのほしいね」と話していたそうです。ちょうどその「タイミング」で誕生したのが、「グァッチ」だったとも語られました。

具体的に、どんな場面で使われる言葉なのかは語られませんでしたが、今後「King&Prince」の「コンサート」で「グァッチコール」が起こるのでしょうか。

「グァッチ」を「キンプリメンバー」と一緒に叫びたいがために「コンサート」に行こうとする「ファン」も増えていくかも知れませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。