音楽の日★ジャニーズ派閥問題★中居正広&嵐の共演★歴史的な日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「音楽の日★ジャニーズ派閥問題★中居正広&嵐の共演★歴史的な日」の事をお伝えしたいと思います。

本日「7月13日」放送の大型音楽特番「音楽の日」「TBS系」で、ついに「中居正広」と「嵐」の「“共演”」が実現します。

かつて「ジャニーズ」に所属する「タレント」たちは、「嵐」を筆頭とする「藤島ジュリー景子副社長」の「担当タレント」と、「SMAP」の「チーフマネジャー」だった「飯島三智氏」の「担当タレント」とで区分けされており、「NHK紅白歌合戦」「NHK」などの一部大型音楽特番以外では、共演する機会がないに等しかったことから、「ファン」の間では「“派閥問題”」として取り沙汰されていました。「飯島三智氏」が「2016年」に退社してからは、この問題も解消したように見えましたが、これまで「嵐」と「中居正広」は共演の機会はなし。それがいよいよ実現するとあって、先ごろから両者の「ファン」を中心に、大きな話題を呼んでいるのです。番組内では、「9日」に逝去した「ジャニー喜多川社長」を取り上げる「シーン」も予想されるだけに、「ファン」のみならず一部業界関係者も放送内容に注目しているといいます。




「音楽の日」は「2011年」に「スタート」した夏の大型音楽特番で、毎年、「中居正広」と「TBS・安住紳一郎アナウンサー」が「MC」を務めています。「第1回」に出演した「ジャニーズグループ」は、「SMAP」と「Kis-My-Ft2、KinKi Kids」の「3グループ」でした。

当時、「SMAP」と「Kis-My-Ft2」は「飯島三智氏」担当の「グループ」で、「KinKi Kids」は「ジャニー喜多川社長」の管轄下にある「ユニット」でした。つまり「ジュリー景子副社長」側の「グループ」は「1組」も出演していなかったのです。一方、「2013年スタート」の「THE MUSIC DAY」「日本テレビ系」は「嵐」の「櫻井翔」が「MC」を担当し、こちらは「ジュリー景子副社長」が手がける「グループ」「“のみ”」の出演が続きました。

「飯島三智氏」が「ジャニーズ」を去った後は、「音楽の日」にも「ジュリー景子副社長」派の「NEWS、Hey!Say!JUMP」などの「グループ」が次々と出演しました。また、「2016年末」に「SMAP」が解散してからは、「中居正広」と「木村拓哉」が「嵐」と共演する機会も出てくるだろうと言われるように。実際に、「木村拓哉」と「嵐・二宮和也」は、「2018年公開」の映画「検察側の罪人」で共演しましたが、「中居正広」と「嵐」は共演がかなわずにいました。

「嵐」の「音楽の日」への初出演が決まったのは、「2020年」いっぱいで活動休止を予定しているからのようです。「6月」には、同じくこれまで出演していなかった「テレ東音楽祭」「テレビ東京系」にも出演しましたし、「グループ」や「マネジメント側」は「ファン」のために露出を増やそうと、力を入れている状況のようです。




そして放送の「4日前」に飛び込んだのは、「ジャニー喜多川社長」の訃報でした。多くの「ジャニーズ所属タレント」がお悔やみの「コメント」を発表する中、「中居正広」は「12日時点」まで沈黙を貫いています。

「音楽の日」には多くの「ジャニーズグループ」が出演するので、「ジャニー喜多川社長追悼」の「コーナー」が何らかの形で設けられる可能性はあるでしょう。そこで「中居正広」も、「ジャニー喜多川社長」に関して発言をするかもしれません。さらに、「嵐」との共演もあることから、この日は「“歴史的な日”」となるはずです。

長らく続いた「共演NG」が完全解消される瞬間、果たして両者はどのような「シーン」を見せてくれるのでしょうか。

「ジャニ―喜多川社長」が亡くなられた今、今日の「音楽日」の共演を境に派閥問題が少しでも解消されることを「ファン」は祈るばかりですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。