神宮寺勇太★タイガー神★清水聡選手命名リングネーム★ダサいと一蹴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「神宮寺勇太★タイガー神★清水聡選手命名リングネーム★ダサいと一蹴」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Prince」がさまざまな「スポーツ」に挑戦する「コーナー」「MEDAL RUSH」が放送されました。「7月8~12日」は、「神宮寺勇太」が「ボクシング」に挑戦しました。

今回は、「ロンドン五輪」の「銅メダリスト」で、現在は「プロ」として活躍している「清水聡選手」に指導してもらうことになりました。実は「神宮寺勇太」、学生時代に空手の全国大会で「2位」になった実力を持つ有段者です。そこで早速「3分1ラウンド、一発でも顔にパンチを当てたら神宮寺が勝利「清水選手は攻撃なし」」という「ルール」で、勝負をしてみることとなりました。




「え?簡単じゃない?」と言ってのけた「神宮寺勇太」ですが、いざやってみると、「清水聡選手」に「パンチ」が一発も当たらないどころか、その運動量の多さに「はぁ、はぁ ちょっと待って、参りました!」と、たまらず「K.O.「勝手に終わる」」宣言をしてしまいます。「スタッフ」から感想を求められても「ノーコメント」で、しゃべる体力すら残っていないほどでした。

「イチ」から「神宮寺勇太」を鍛え直していくことになったのですが、その前に、「清水聡選手」が「“リングネーム”」として、「神宮寺勇太」を「タイガー神」と命名します。これには「神宮寺勇太」も「ちょっとダサいので、変更っていうのはできないですか?」と戸惑いを見せていましたが、「清水聡選手」は意に介さずでした。

気を取り直して、まずは「3キロ」の重りが入った「トレーニングボール」で、体幹と腹筋を鍛える「トレーニング」に挑戦します。かなり「キツ」いト「レーニング」のようですが、「神宮寺勇太」は何度か自分の「“カメラ映り”」を気にする素振りを見せ、まだまだ余裕がある様子でした。

次の「パンチ練習」に入る前、「神宮寺勇太」が空手で鍛えた「“自慢の一発”」を披露したのですが、これには「あぁ、違いますね、全然」と「清水聡選手」から「ダメ」出しが。型にはまっている空手の「パンチ」とは違って、「ボクシング」では体重移動も重要なのだそうです。「コツ」を掴み、「ボクシング」らしい重い「パンチ」が打てるようになった「神宮寺勇太」は、「清水聡選手」から「タイガー成長してる!」と褒められます。先ほどまで「ダサい」と文句を言っていたにもかかわらず、「神宮寺勇太」は「えー、うれしい!初めてタイガーって言われてうれしい!」と、満面の笑みを浮かべていました。




続いて、繰り出される「パンチ」をかわす「“守備”」の練習に入るも、「神宮寺勇太」は恐怖心のあまり、「ちょっと待って!」とわずか「3秒」で「ギブアップ」します。すっかり腰が引けてしまっていた「神宮寺勇太」でしたが、意を決して前傾姿勢で「“攻めのディフェンス”」をやり遂げます。そして最後には、「1分で80発以上のミット打ち」「1分間ひたすら攻撃を避け続けるパンチ棒ディフェンス」「1分間で1発当てればクリアのワンパンチャレンジ」と「3つ」の課題に挑戦しました。

初日で勝手に負けを宣言していた「ワンパンチャレンジ」では、残り時間数秒というところで、「神宮寺勇太」の見事な「右ストレート」が「清水聡選手」の顔面に「クリーンヒット」します。これには「清水聡選手」から「才能あります、うまい!」と絶賛され、練習の成果を存分に発揮したのでした。

放送を見ていた「ファン」の間では、すっかり「“タイガー神”」が浸透しており、「タイガー神すごかった めちゃくちゃかっこよかった!」「タイガー神って名前、かなり気に入った!これからも呼ばせてもらおう「笑」」「私も最初はダサいなと思ったけど、だんだんそのダサさがクセになってきた」と好評を得ていました。

最初は「ダサく」感じた「リングネーム」も練習を重ねていくことにより「神宮寺勇太&タイガー神」が見事に「マッチ」しましたよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。