村上信五★ファルセットの使い手だった★習得法明かす★天才と驚愕の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★ファルセットの使い手だった★習得法明かす★天才と驚愕の声」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」がさまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「7月14日」の放送では、「Sing Like Talking・佐藤竹善、今井マサキ、藤田真由美」を「ゲスト」に迎え、「ボーカリストが選ぶすごいボーカリスト」を特集しました。

「ブレス」が混じった歌い方や、地声と「ファルセット」の切り替えなど、普段は聞き流してしまうような細かい「ポイント」まで詳しく解説されていきました、今回の放送。その中で、「日本語なのに英語のように聞こえる歌い方」として、「平井大」の「Life is Beautiful」「2016」が紹介されたのですが、「藤田真由美」の解説によると、「日本語の母音を伸ばさずに曖昧に発音し、英語の特徴である「“T”」の発音を強調して歌っている」のだといいます。




要するに、「たちつてと」を「ツァ、ツィ、ツゥ、ツェ、ツォ」のように発音すると、日本語でも英語を発音しているように聞こえるとのことです。ですが「村上信五」は、「これでレコーディングするの 勇気いりますよね!」と、困惑気味に「コメント」しました。

「大倉忠義」の「村上くん「がやったら」怒られるわ!」という「ツッコミ」にも、「村上信五」は「そうやろ!」と納得していたのですが、その直後、まんざらでもない表情をしながら、英語風の発音で「Life is Beautiful」の「サビ」を披露しました。ですが、「レギュラー出演者」の「古田新太」からは「今、普通に腹立ったわ!」と拒否反応を示され、「スタジオ」は爆笑に包まれていました。

さらに「佐藤竹善」は半笑いで、「やりすぎると、やっぱりムカつくもんね」と発言します。そのうえ、「「平井は」英語っぽくかっこよく歌いたいっていうよりも、サーフミュージックの雰囲気とニュアンスを大事にしているので」と、「村上信五」との大きな違いを冷静に解説し、さらに赤っ恥をかいてしまうのでした。




ですがそんな「村上信五」も、出すのが難しいと言われている「“ファルセット”」の使い手なのだそうです。なんでも、「「昔は」出なかった。でも、レコーディングの時に「出ないから!出ないから!」って言ってたら、「出てるよ!」って「スタッフに言われた」」とのことで、いつの間にか「ファルセット」を習得していたのだそうです。どうも「村上信五」は、「なん「“でや”ねん!」とツッコミを入れたとき、「“でや”」が「ファルセット」になっているらしく、それを意識するようになってから、歌っているときも「ファルセット」が使えるようになったといいます。「村上信五」が「スタジオ」でこれを実践すると、「メンバー」からは拍手が起こっていました。

放送終了後には「「なんでやねん!」がファルセットになってるとか、全然気がつかなかった!」「村上くん、ファルセットうますぎない!? 天才じゃん!」「司会やってたら歌もうまくなったってこと?何そのミラクル?」など、「村上信五」の意外な特技に驚きの声が続出しました。

早く「村上信五」の「ファルセット」にならないと気が済まないようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。